動脈管開存症

病気の概要

動脈管開存症とは、読んで字のごとくですが、動脈が開いたままになっている症状。
先天性の奇形からくる、心臓病です。PDAとも言います。

通常肺動脈と胸部大動脈をバイパスする動脈管は、産まれてすぐに閉じます。
これが閉じないで、開いたままになってしまっていることで生じる病気です。
この、動脈管が閉じないことにより、閉じない動脈管に余計な血液が流れてしまいます。

この血液は、肺を通って左心房に入ります。
これにより、左心房と左心室に余分負荷を与えてしまうのです。

主な症状

この病気は、概要を見るととても恐ろしい病気のよう映ると思いますが、実際のところは生後5年を迎える頃までは、無症状のワンちゃんが大半です。
普通に生活を送ることが出来るでしょう。

ただ、5歳を過ぎてくる頃より、次第に貧血や苦しそうな症状が見受けられるようになってきます。
心不全の症状が現れることもあり、飼い主はびっくりしてしまうでしょう。

また、動脈管開存症の状況が重いケースの子犬もいます。
この場合は、生後すぐから数ヶ月のうちに上記のような症状が出てきます。
最悪は、死亡してしまうこともある病気です。

治療方法

まず、動脈管開存症のワンちゃんかどうかは、健康診断で簡単に分かります。
それも、聴診器で聞こえる特徴的な心雑音で、獣医師はまず疑います。

このように、簡単な診察で分かる病気でもありますから、健康診断は重要です。
聴診器の結果で疑いがある場合、胸部のX線検査や超音波検査を実施します。

症状に応じて、心臓手術もしくは外科的療法を行います。
しかし、あまりにも生まれたばかりだったり、逆に老犬だったりすると、手術のリスクが高かったり、手術による完治が難しいというケースもあります。
このようなケースでは、対処療法と内科療法に切り替えて、治療を行います。

ケースや犬種によって異なる部分ではありますが、手術代がかなり高額になる病気です。
そして、手術をしても助からないこともある病気です。
手術を決断する時は、その事実を念頭に置き、その上でリスクの確率を獣医師と話し合って、十分納得して臨みましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る