心室、心房中隔欠損症

病気の概要

心室、心房中隔欠損症は、人間でも良く聞く病気なので、名前を耳にしたことがある方も多いかもしれません。
この症状は先天性のもので、心臓病の一種でありますが、比較的症例数も多く、それほど珍しい病気ではありません。

この病気は、左右の心室の間にある心室中隔という壁のところに、穴があいてしまっているという病気です。

おなかの中にいる間は、この壁に穴があいているのが普通です。
その後通常の場合は、生まれて成犬になる間に、自然に閉じていきます。
心室、心房中隔欠損症は、この穴が自然に閉じることなく、そのままになってしまう現象です。

主な症状

心室、心房中隔欠損症以外に心臓に病気が見つけられなければ、大きな症状が起こらないというのが、この病気の特徴です。

ただし、穴が大きい場合は別です。呼吸をする時、苦しそうにする、咳が出るなどの症状が出てきます。

発生しやすい犬種も分かっており、プードル、ポメラニアン、シェットランド・シープドッグ、シェパードなどに多くみられる奇形的病気です。
オスよりもメスのほうが、発症率が高いです。

治療方法

心臓病と聞くと、大事のように感じますが、この病気の場合、特に重篤な症状が見られない場合、経過観察となります。特別な治療を行わないケースが大半です。

穴が大きい場合は、手術をして症状を緩和する処置を取ることもあります。
この場合は、早期発見早期手術が重要になってきます。
早めの手術を行うことで、健康な犬と同じ生活を手にすることが可能です。
先天的な病気だけに、早めに見つけるには、検診などをしっかり定期的に行うことが重要です。

無症状ですと、何も心配ないように感じますが、この奇形を持っているワンちゃんがフィラリア症になってしまいますと、穴を通じて左心系に寄生虫が進入して末梢の動脈に詰まり、大事になります。

心室、心房中隔欠損症のワンちゃんは、確実なフィラリア対策が重要になってきます。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る