不整脈

病気の概要

不整脈とは、循環器疾患の一つです。人間でもよく耳にする症状ですが、これは犬も同じで、犬にも不整脈症状は良く見受けられる症状です。

ただ、犬の場合心拍数を計測し、リズムが一定でない場合であっても、洞性不整脈という状況であれば、犬の場合は正常とされています。

洞性不整脈か、それとも問題がある不整脈なのかの見極めは、1分間の心拍数です。成犬ですと、正常な1分間の心拍数は70~160です。子犬だと220ぐらいまで正常値です。

犬種によっても多少異なり、大型犬の場合、60~140、小型犬ですと70~180が正常値の目安です。この心拍数の範疇で、リズムが一定でない場合は、洞性不整脈の可能性が高いので、心配は要りません。

愛犬の体温や呼吸数は、よくチェックする傾向がありますが、心拍数はあまり確認しない飼い主が多いようです。聴診器があると簡単にチェックできるので、時々チェックしてあげていただきたいと思います。

主な症状

1分間に180回以上の心拍数となりますと、洞性不整脈ではない、異常な不整脈と判断します。ただこれは目安なので、自己判断せず、きちんと獣医師に診断をしてもらうようにしてください。

異常な不整脈である場合、咳が出たり、すぐに息が切れて苦しそうにする、尿の回数が減るもしくは尿の量が減る、食欲不振などの症状が見受けられます。全体的に元気もなくなってきます。

治療方法

不整脈の恐ろしいことは、不整脈が起こる「原因」があり、それが重篤な病気であるというケースが多いことです。

肺動脈狭窄症や、憎帽弁閉鎖不全症などの病気が原因で、起こっているということが多いので、不整脈を治療するというよりは、その原因となっている病気が何なのかを検査し、その病気を治療していきます。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る