貧血

病気の概要

貧血とは、十分な赤血球が体内になく、体の各器官に十分な酸素を運ぶことが出来ない状態のことです。
貧血の症状が見られることは、健康上よくありませんし、他に別の重篤な病気出る可能性もあります。

また、犬の貧血として有名な病気が「免疫介在性溶血性貧血」です。
これは、免疫抗体が結合することて、赤血球が壊されてしまい貧血になってしまう病気です。
「免疫介在性溶血性貧血」は、成犬になった2~8歳ぐらいのメスに多い病気です。

この貧血は、赤血球自体に免疫抗体が結合するケースと、赤血球に付着している薬品などの物質に反応するケースがあります。
どちらにせよ、このようになってしまうと、赤血球が破壊されてしまい、貧血症状になるのです。

主な症状

初期症状を見ると、なかなか貧血と断定しづらいかと思います。
食欲が無くなったり、そわそわしたり、脱力感や疲労感が見られるようになるでしょう。
でもこのような症状は、他の病気でも見られますし、歳を取っていけば、多少なりとも出てくるものでもあります。

一番分かりやすいチェックポイントは、歯茎です。
歯茎をチェックして、以前よりが白っぽいとなると、貧血なのかな?と疑って良いかと思います。、

全てのワンちゃんに見られる症状ではありませんが、黄疸や、嘔吐、下痢症状が出る場合もあります。

治療方法

ここでは、「免疫介在性溶血性貧血」の治療方法について、ご紹介しましょう。

この「免疫介在性溶血性貧血」は、何らかの感染源が合って起こるものや、抗生物質の影響、腫瘍が原因のものと、考えられる原因はたくさんあります。
また、面倒なことに原因不明ということもあります。
原因不明の場合は、まさに自己免疫性であると言えるでしょう。

原因がはっきりしている場合は、それに合った治療を行います。
平行して免疫抑制剤を投薬します。ひどい場合は、輸血という手段をとるケースもあります。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る