血小板減少症

病気の概要

血小板減少症とは、出血が止まりにくくなる病気です。

これは、血小板数が正常範囲以下に減少することで起こります。
原因は色々あります。

まずは、遺伝です。
生まれ持った体質で、血小板産生が低下してしまうというものです。

同じく、血小板産生の低下では、骨髄内の異常も考えられます。
骨髄内に腫瘍などがあると、血小板の数が減ってしまうことがあります。

次は自己免疫疾患です。
本来は、体内に侵入した異物を排除するための役割を担う免疫が、自分自身を異物と捉えてしまい、正常な細胞や組織に攻撃してしまうというもので、血小板減少症の場合は、血小板を異物と判断し、攻撃し破壊してしまいます。

自己免疫疾患同様、薬物などによって、血小板が破壊されてしまうケースもあります。

また、脾臓には、血小板を破壊する作用があります。
正常に脾臓が動いているうちは問題ないのですが、脾臓の動きに異常が出てくると、血小板が必要以上に減っていってしまうという現象がおきます。

主な症状

初期に多く見られるのが紫斑です。
多くの飼い主が、普段はないワンちゃんの体に出来た紫斑を「あれっ?」と感じ、病院へ行くようです。

その次に多いのが、出血。
傷からの出血だけではなく、血便・血尿、吐血、眼出血などもあります。
内出血もみられます。

また、肝臓や脾臓の腫大したり、苦しそうにしたり咳をしたりする症状もでるケースがあります。
状況によっては、熱が出るワンちゃんもいます。

治療方法

血小板が減少もしくは破壊されている「原因」によって治療は異なります。
癌や腫瘍が原因の場合は、まずはその治療に注力します。
ステロイド、抗生物質、抗がん剤、ヘパリンなどで、治療をしていきます。

自己免疫疾患の場合は、特効薬が無いので、対症療法になります。
免疫抑制剤や免疫グロブリンを投与します。

脾臓が原因の場合は、手術で摘出と言うケースもあります。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る