ケンネルコフ

病気の概要

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器感染症です。
人間の風邪のような症状が出ます。
別名、伝染性気管気管支炎とも言います。

犬パラインフルエンザやジステンパー、犬アデノウイルスII型、マイコプラズマなどのウイルス感染および、ボルデテラや気管支敗血症菌といった細菌感染によって起こる感染症で冬場に多く、多頭飼いしている場合は、次々と他のワンちゃんに感染していきます。

病原体が1つの場合もありますが、複合して病気を起こすことが一般的です。

ケンネルコフは、飛沫感染および、接触感染が原因で感染します。
伝染性は強いですが、重症性は低い感染症です。

主な症状

ケンネルコフの症状の特徴は、「人間の風邪に似ている」というところでしょう。
咳や発熱などの症状が中心です。
傾向としては、ウイルスや細菌の病原体が1つの場合、軽症であるとされています。
このようなケースでは、長くておも10日前後で自然治癒します。

しかし、ウイルスや細菌の病原体が複数ある混合感染をしていると、食欲減退や高熱などが続き、ひどいと肺炎を併発してしまう危険性があります。
特に抵抗力の少ない、子犬や高齢のワンちゃんは注意が必要です。

治療方法

ケンネルコフは、基本的には自然治癒できる感染症ですので、経過観察となります。
ただ、咳や発熱が続きますので、安静第一です。
そして、食事療法で、栄養を補給していきましょう。

他の病気を併発している場合や咳があまりにもひどいケースでは、抗生剤や鎮咳剤、気管支拡張剤などを投薬します。

ケンネルコフは、ウイルスや細菌が原因で起こる病気です。
これらウイルスや細菌から身体を守ることが、一番の予防になります。
ワクチン接種で予防できるウイルスもありますから、獣医師と相談し、必要なワクチンはきちんと接種するようにしていきましょう。

またケンネルコフは、冬場に多く見られる病気ですので、乾燥を避け、生活環境においては加湿器などで保湿を心がけます。
室温も、適温をキープしましょう。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る