コロナウイルス感染症

病気の概要

コロナウイルス科に属する「犬コロナウイルス」に感染することで起こる病気を、コロナウイルス感染症といいます。
ウイルスが消化管で感染することで、消化器系に異常が生じます。

感染性はきわめて高いですが、成犬の場合は、感染しても症状が出ないケースが多いです。
これを、不顕性感染といいます。
逆に、子犬の場合感染しますと、腸炎を起こします。

コロナウイルス感染症は、感染した犬の糞を介して接触感染します。
感染した犬の糞のにおいを嗅いだり、糞を舐めたりすることで感染してしまいます。

主な症状

犬コロナウイルスは、感染性が高い反面、病原性は弱いという特徴があります。
その為、大人のワンちゃんは感染しても、大半が無症状です。
症状が出たとしても、軽い下痢や嘔吐程度でおさまります。

子犬の場合は、下痢や嘔吐の症状が強く出ます。
血便や粘性便が出る事もあります。
悪化すると、脱水症状が見られるようになります。

気をつけたいのが、合併症です。
他の細菌などに同時に感染してしまいますと、症状が重篤化する可能性があります。

治療方法

犬コロナウイルス感染症には特効薬はありません。
治療としては、脱水症状を予防するための輸液を行い、あとは食事に注意して経過観察を行っていきます。
ただし、二次感染は怖いので、念のため抗生物質を投与するケースが多いです。

数日間で自然に回復していきますが、合併症が見られる場合は、抗生剤や吐き気止めなどを投薬し、注意してみていく必要があります。

犬コロナウイルス感染症の予防法は、ワクチン接種です。
獣医師と相談し、子犬や老犬、持病がある等、免疫力に心配があるワンちゃんは、予防接種を行いましょう。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る