病名・部位別検索:皮膚の病気

  • 疥癬症

    病気の概要 疥癬症とは、無気門亜目ヒゼンダニ科のダニである「ヒゼンダニ」が、ワンちゃんに寄生して起こる皮膚病です。 感染ルートは主に、ヒゼンダニが既に寄生している犬との…

    詳細を見る

  • 皮膚糸状菌症

    病気の概要 皮膚糸状菌症は、小胞子菌などの真菌が、皮膚に感染して起こる病気です。 別名、皮膚真菌症とも呼びます。 原因菌である小胞子菌などの真菌は、つまりはカビの一種です…

    詳細を見る

  • 皮膚の腫瘍

    病気の概要 ◎皮膚組織球腫 1歳から2歳ぐらいの犬に多い皮膚腫瘍が、皮膚組織球腫です。 比較的成長が早い腫瘍の一種ですが、良性の腫瘍です。 皮膚組織球腫は、犬特有の…

    詳細を見る

  • 膿皮症

    病気の概要 夏の多い病気、膿皮症は、皮膚の上で菌が異常の繁殖し、化膿してしまう皮膚病の一つです。 膿皮症の原因となる菌は、主にブドウ球菌です。 細菌が繁殖感染しそうな生活…

    詳細を見る

  • 内分泌性皮膚炎

    病気の概要 犬も人間同様、体内には色々なホルモンが存在しています。 このホルモンが、臓器や細胞の動きをコントロールしています。 犬の皮膚の形成や現状維持のために分泌し…

    詳細を見る

  • 接触性皮膚炎

    病気の概要 犬の接触性皮膚炎は、化学薬品および化学物質、そして花粉などが接触することで起こる皮膚炎です。 個体がそれにアレルギーを持っている場合、皮膚炎を起こすもので、たと…

    詳細を見る

  • 植物性アレルギー

    病気の概要 植物性アレルギーは、接触性アレルギー性皮膚炎です。 植物に触れることで、その植物がアレルゲンである場合、症状が出ます。 主な症状 アレルゲンとなる植…

    詳細を見る

  • 自己免疫性皮膚疾患(犬の天疱瘡)

    病気の概要 自己免疫性皮膚疾患は、犬の皮膚病の中でも発症率がかなり高い皮膚病です。 一般的には「天疱瘡」といわれ、昔から人間にもよく見られる皮膚病でした。 犬で、確認され…

    詳細を見る

  • 脂漏症

    病気の概要   皮脂が過剰に分泌してしまうことが原因で、皮膚が角質化してしまう状況を脂漏症といいます。 脂漏症は、遺伝性のものと、他の原因性のものがあります。 遺伝性の…

    詳細を見る

  • マラセチア感染症

    病気の概要 マラセチア酵母菌とは、真菌です。 つまりはカビの一種です。 このマラセチア酵母菌という菌は、元々、犬の皮膚に存在しています。 マラセチア酵母菌はカビの一…

    詳細を見る

ページ上部へ戻る