飼いたい犬種の特性を事前に調べておく

世界には、約700~800程の犬種があるとされています。本拠地をベルギーに置く、国際畜犬連盟(FCI)公認犬種は現在、343犬種(2013年3月現在)です。

現在、日本で手に入る犬種は、そのうちの190犬種。

その中でも、比較的多く流通している犬種が約50犬種と言われています。

ショップに行って見た目だけで選んでしまうと、環境やライフステージにワンちゃんや飼い主的に合わず、大失敗する可能性がありますので、犬を飼いたいと決めたら、「飼いたい犬種」の特性を調べ、「この犬種を飼おう」と決めておきましょう。

ここでは人気の高い犬種を分類でご紹介しましょう。

牧羊犬・牧畜犬

bouyou

頭が良いことから、しつけのしやすさが特徴として挙げられます。
ただし、中型~大型犬が多いので、飼育するスペース的に問題がないのかを確認する必要があります。

テリア

Yorkshireterrier

その愛らしい雰囲気と、比較的小さめで室内での飼育が容易である事もあり、人気のテリア。
活発で元気なワンちゃんが多いです。

愛玩犬

FC046

ペットとしての犬種として、小型化されたワンちゃんです。
小規模住宅が多い日本では、今一番の人気犬種分類ではないでしょうか?

小さく可愛らしいので、この分類の犬種はどれも大人気です。

特性は、もともとのルーツを引き継いでいるケースが一般的なので、特に性格面については、飼う前にルーツを確認して調べた方が良いでしょう。

特徴として注目したい点

日本のように住宅が密集しているエリアが多い国では、性格がおだやかで、静かな性格の犬の方が、周囲を気にせず飼いやすいと思います。

またマンションなどは、たとえペットOKでも、大型犬はNGというような規制をしている所もありますので、犬の購入前に必ず確認が必要ですし、やはりマンションであれば、たとえ規制がないとしても、大型犬は「犬にとって可哀相かな?」と感じます。

また「手入れや家の掃除の手間を最小限に」と考えるのであれば、毛が長い犬種や毛が抜けやすい犬種も避けた方が無難でしょう。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る