犬の購入費

犬を手に入れるには、「購入する」「産まれた子犬を引き取る」「保健所から身寄りのない犬を引き取る」の大きく分けて3つの方法があります。

愛犬を購入した場合の値段

犬は決して安い動物ではありません。購入するとなると、まとまったそれなりの金額が必要になります。

では、具体的にどのぐらいの費用がかかってくるのでしょうか?

それはズバリ、犬種によって大きく異なるというのが現状です。

市場相場でお話しますと、一番安い犬種で12万円ぐらい。一番高い犬種で50万円ぐらいです。ショップやブリーダーによっては、もう少しリーズナブルなところもあるようです。

またこちらは基本的に子犬価格。ワンちゃんが大きくなってしまいますと、値段は下がっていきます。

おおよその価格帯

愛玩犬として人気の高い小型犬は、日本において数も多く、それだけに値段としては、12万円から20万円の価格帯が一般的で、比較的購入がしやすいお値段かと思います。

中型犬は、スパニエル・テリア系、そして日本犬の数多くもこの中型犬に属します。希少種から、手に入りやすい犬種まで様々な中型犬。

値段もピンきりですし、値段はもとより、なかなか手に入らない犬種も多いです。

大型犬は、ゴールデンレトリバーのように、人気で数も多いものから、めったに見かけない珍しい犬種まで様々で、値段幅もかなり広いです。

犬の購入費用以外に絶対にかかってくる費用

犬を購入すると、犬の代金以外に必ず必要になる費用があります。

まずは、畜犬登録料。地域によって多少異なるようですが、約3000円です。

あと義務化されている狂犬病予防接種です。集団接種と、病院での接種でも値段が異なりますが、大体3500円~4000円ぐらいの予算を見ていてください。

ちなみにですが、犬を飼うと、年間どのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

小型犬と大型犬では、ずいぶん差が出ますが、大体小型犬で15万円、大型犬で20万円は、年間最低かかってくる費用と考えてください。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る