飼い初めにかかる費用

犬を飼うとなると、犬の購入費以外にも色々な費用がかかります。「思っていたより出費が」なんて事にならないように、犬を家に迎える前に、飼い始めにかかる費用について、把握しておくと良いでしょう。

義務化されているものにかかる費用

まずは、狂犬病予防接種です。狂犬病予防接種は、義務化されています。集団接種と、病院での接種でも値段が異なりますが、大体3500円~4000円ぐらいの予算を見ていてください。

また畜犬登録も、飼い主に義務付けられています。生後90日以上のワンちゃんは、畜犬登録をしなければいけません。

狂犬病予防注射を受け、「注射済み証明書」をもらいます。これを役所か保健所に持参し、畜犬登録を行います。地域によって多少異なるようですが、費用は約3000円です。

また、マイクロチップ登録をする場合は、埋め込み費用が数千円~1万円くらいかかります。更に、登録料が1000円必要です。

犬に必要なペット用品代

何も用意されていない自宅に、突然犬だけを招き入れる訳にはいきません。必要最低限度のものは、ワンちゃんが自宅に来る前に用意し、セッティングしておきましょう。

必要最低限度のペット用品というのはこの4つ。

①ワンちゃん専用の食器
②食事(ドッグフード)
③ベッド&ケージ
④トイレ&トイレシート

すぐにお散歩へ出られるような状況のワンちゃんの場合は、リード、名札なども必要になります。大型犬、小型犬で差が出ますが、おおよそ3万円から5万円ぐらいを予算として見ておきましょう。

混合ワクチン代

子犬の場合は、最初の1年に2回の混合ワクチンを接種するケースが一般的です。ワクチン接種は約8000円ですので、2回で1万6000円ぐらい予算を見ておくと良いでしょう。

病気治療代

残念ですが、ペットショップなどにいるワンちゃんの大半が、「パピーミル」という子犬製造工場出身の子犬です。

工場という表現が異質に感じるとおり、「パピーミル」は親犬を劣悪な環境で飼育し、無理な繁殖を繰り返し行っている場所です。

環境が悪いので、親犬は、目や皮膚などに病気を持っていることが多く、病気の内容次第ですが、子犬もその病気を受け継いでしまっていたり、残念ですが、病弱に産まれてくる子犬もいます。

また、捨て犬を拾った、保健所から引き取ったというようなワンちゃんも同様です。

そのようなワンちゃんですと、最初に病気治療代がかかってくるケースがあります。

高額な場合、8万円、10万円という治療費も稀ではないという事なので、病気治療代が、最悪かかると想定し、予算に余裕を持っている方が良いと考えられます。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る