毎年かかる費用

愛犬はとても可愛く、家族として大切にしたいと皆さん考え、飼う事を決められると思います。でもそこにかかる、毎年の費用というものをあまり真剣に考えず犬を飼ってしまう方も多いのが現状です。

そこでここでは、犬を飼うにあたり、毎年かかってくる費用をまとめてみました。

特に注意していただきたい方々

多頭飼いを考えている方
多頭飼いを考えている場合、今からお話しする総額の2倍、3倍と費用が嵩むという事を、念頭において検討されることをオススメします。

定年が近い方
今は安定した収入があって、犬を飼う経済的余裕がある方も、もし10年後定年という場合、その後はどうでしょう?長生きワンちゃんですと、20年生きるワンちゃんもいます。定年後10年の間、今からお話しする総額を支払える余力があるかも、じっくり考えてください。特に高齢になったワンちゃんは、治療費など毎年かかってくる費用額も上がってきます。

子どもにせがまれて飼う場合
「犬の面倒をちゃんと見るなら、飼っても良い」という親の台詞。よく耳にいたします。でも、犬にかかる費用に関して、子どもはみてくれません。それじゃなくても、子育てにはお金がかかります。その上、ワンちゃんの費用を親が負担しなければいけない。これをきちんと考えて、飼うことを検討しましょう。

年額どの位かかるの?

犬種の大きさや種類によって、総額は随分異なります。最低限かかる生活費、そして医療費(ワクチンなど)で、小型犬で13万円ぐらい。大型犬ですと20万円ぐらいです。

ここに犬種によっては、トリミング費用が定期的に必要になってきます。大体1回のコストが、5000円から1万円ぐらいです。

費用の内訳は?

生活費としては、食費やおやつ、ペットシーツやオモチャなどです。あとはペットの洋服代なども、好きな方はかなりかかると思います。

医療費は、義務化されている狂犬病予防接種、あとは各種ワクチンの代金。そしてフィラリア予防薬と、ノミダニ予防薬の代金。そして、これは内容によって金額に大きな差が出ますが、健康診断代金です。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る