散歩中はペットの嫌いな方への配慮を忘れない

ワンちゃんにとって、散歩は毎日欠かせない大切なイベント。飼い主としても、できれば最低でも1日2回、散歩を愛犬と楽しんでいただきたいところです。

散歩の際は、飼い主としてのマナーを忘れずに。特に、世の中は犬に対して好意的な方ばかりではありません。犬が嫌いな方も、たくさんいます。

排泄の始末

犬が好き嫌い以前の問題ですが、「家の前で排泄をされる」というのは、誰でも嫌なものです。一軒家に住んでいる方は、この犬の排泄に関して悩んでいる方がたくさんいます。

可能であれば、人様の家の前では、排泄をしないようにしつけて、きちんとペットオーナーとしての配慮をしていただきたいと思います。

もし、そのしつけが難しいようであれば、糞は必ず持ち帰るのは当たり前として、排尿に関しても、ペットボトルにお水を入れて持ち歩き、きちんと流して処理するという配慮を心がけましょう。

伸び縮みするリード

reed
最近、伸び縮みするリードという商品があります。犬が、ノーリードのように自由気ままに歩けるので、飼い主的には良いと思って使っている方もいるようですが、世間の反応は冷ややかです。

リードをつけているだけに、安心してみてしまうからこそ、意表をついてリードが伸びて犬が自分に近づいてきたりするので、驚いてしまうというものです。

人が全然いない公園などでしたら、使っても良いかもしれませんが、公道では迷惑です。犬の散歩の際は、自分のすぐ傍を歩かせるようにしつけ、人がすれ違う時は、その方が通りすぎるまで、脇に寄って待つぐらいの配慮が必要です。

お店の前に、ワンちゃんを待機させるのも考えもの

「そこを通らなければ、お店に入れない」というような場所に、ワンちゃんのリードを縛りつけ放置してしまうのは、犬が嫌いな方にとっては、苦痛で仕方がない状況です。犬に怯えながら、お店に入らなければならないのです。

理想を言えば、できれば散歩がてらの買い物は極力避けたいところです。

ただしこれは、理想論。飼い主だって忙しい身ですから、散歩と買い物を別々にできないケースもあります。

そのような時は、犬を人に迷惑をかけず、待たせておけるスペースのあるお店を選びましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る