避妊・去勢手術の重要性

ペットのオーナーになるにあたり、必ず考えていただきたいのが、避妊および去勢についてです。

避妊手術のメリット・デメリット

メリット
ワンちゃんの避妊手術とは、手術で卵巣子宮全摘出もしくは、卵巣のみを取り除くというものです。ちょっとした手違いからの、希望しない妊娠を避けられるだけでなく、人間同様、メス特有の病気というものがありますが、そのリスクを最小限に留める事ができます。

メスは発情期に出血がありますが、その出血がなくなるので、飼い主そして犬の、手間やストレスを省けます。

デメリット
メスのワンちゃんを飼うと、この子の赤ちゃんを見てみたいと思う飼い主が多いようです。ですが一度、避妊手術をしてしまうと、繁殖は不可能となります。避妊手術のデメリットとして、これが一番大きいかもしれません。

また、ホルモンのバランスが崩れたり、当然手術をするわけですから、麻酔や傷などの負担がワンちゃんにかかってきます。

去勢手術メリット・デメリット

メリット
去勢手術とは、手術でオスの精巣を取り除く手術です。メスの避妊手術同様、オス特有の病気のリスクを、最小限に留める事ができます。

また、年に必ず1~2回訪れる発情期のストレスをなくし、穏やかに1年を過ごすことができるようになりますし、ちょっとした手違いからの、希望しない繁殖を避けられます。

デメリット
基本的には、メスの避妊手術とすべて同じです。繁殖をしたいと考えるかどうかを、飼った時に、よくよく考えるのがベストです。

また、ホルモンバランスが崩れることで、太りやすくなるという統計も出ています。食事に関して、細心の注意が必要になります。

手術の重要性

愛犬の避妊・去勢手術には、賛否両論あります。「手術をすることは不自然なことだ」と意見する方も多いです。

確かに動物の世界で避妊・去勢をすることは不自然なのかもしれません。でも人間だって、避妊するのは普通です。

本当に、本能のおもむくまま、避妊・去勢しないで発情のたびに性交、妊娠、出産することが自然なのでしょうか?たとえ自然だとしても、それで生まれてくる命をすべて、飼い主として責任を負えるのでしょうか?

そう考えていくと、繁殖を希望しない場合、手術をするのは賢明であると考えます。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る