犬を散歩させるときは、必ずリードなどでつなぎましょう

犬の散歩は、外でトイレをするワンちゃんはもちろんのこと、そうでないワンちゃんであっても、健康面そしてストレス発散を考えると、とても大切な事です。

飼い主として、最低1日2回のお散歩を習慣付けたいものです。

ノーリード主義

愛犬家の方で、実は結構多いのが、ノーリード主義です。要するに、リードをつけないで自由気ままに犬を散歩させるという考えです。

気持ちや言い分は分かります。でも、日本においては、環境省が出している「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」に、ノーリード(放し飼い)は禁止となっています。

その内容は、「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」の第4に記されております。

————————–
1 犬の所有者等は、さく等で囲まれた自己の所有地、屋内その他の人の生命、身体及び財産に危害を加え、並びに人に迷惑を及ぼすことのない場所において飼養及び保管する場合を除き、犬の放し飼いを行わないこと。ただし、次の場合であって、適正なしつけ及び訓練がなされており、人の生命、身体及び財産に危害を加え、人に迷惑を及ぼし、自然環境保全上の問題を生じさせるおそれがない場合は、この限りではない。

(1) 警察犬、狩猟犬等を、その目的のために使役する場合
(2) 人、家畜、農作物等に対する野生鳥獣による被害を防ぐための追い払いに使役する場合
————————–

要するに、警察犬や狩猟犬など特別な目的がある犬以外は、自宅敷地外での放し飼いはNGという基準です。ルールがある以上、日本ではノーリードは禁止です。

ルール以前に…

愛犬家からは、信じられないとか、想像ができないという話であるとは思います。ですが、世の中「犬が嫌い」という人もたくさんいるのです。

世の中が犬好きな方ばかりで、それでいて車が走っていないなど、犬がノーリードでも危険がない環境があり、そしてすべての犬が、狂犬病のワクチンをきちんと接種し、しつけが完璧であれば、ノーリードでも問題ないかもしれません。

しかし残念ですが、今挙げた全てにおいて、日本では無理です。

犬が嫌いな方もいて、ワンちゃんの安全面も守れていない、そしてワンちゃんのしつけやマナーも、その飼い主それぞれという今日。必ずお散歩の時は、「リードでつないでお散歩する」というのが、飼い主の使命です。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る