どんなエサにすればいいの?

愛犬を飼うとなると、毎日のことだけに気になるのが「どんな食事を与えればよいのか?」ということになると思います。

まずは、愛犬が喜んで食べてくれるものを

一般的に良く使われているのは、ドッグフードです。最近、「無添加」「国産原材料のみ」「アボガド入り」など、本当に色々なこだわりのあるドッグフードが出ています。

また、犬種に合うものや、犬の年齢にあったドッグフードなども、当たり前の時代になりました。

餌のチョイスに関しては、本当に難しいところです。オススメは、まずはワンちゃんが喜んで食べてくれる、年齢相応のドッグフードをあげることからスタートしましょう。

体調や毛並みをチェックしましょう

数ヶ月食べさせてみて、愛犬の体調や毛並み、口臭などをチェックし、問題が無ければ、今のドッグフードを継続でOKです。問題がある場合は、獣医師などと相談して、ドッグフードを変更すると良いでしょう。

ただここで、気をつけたいのが、獣医師が薦めるドッグフードが、愛犬にぴったりとは限りません。正直、動物病院というのは、ペットフード会社とタイアップしていることが多いのです。その場合当然、タイアップしているドッグフードメーカーの商品を薦められます。

結論は、飼い主が色々調べ、そして色々試してみて、愛犬に合ったドッグフードを見つけるのが一番の近道です。人の意見に惑わされるオーナーも多いようですが、犬には個体差もあります。「自分で見るける」「自分で見極める」事が重要です。

手作りにこだわるオーナーも多いです

手作りの、ワンちゃんメニューにしている飼い主の方も多いようです。

手間もかかりますし、栄養のバランスもかなり気をつけなければいけませんし、犬が食してはいけない食材を食べさせてはいけないですし、大変な部分も多いですが、多くの犬が、ドッグフードより手作りのほうが、喜んで食べます。

ただし、獣医師的な見解からすると、反対派が多いようです。それは、今書きましたとおり、栄養バランスや、農薬や抗生物質の含まれた食材、食べてはいけない食材というリスクを考えた結果のようです。

でも元来、ドッグフードなんて便利なものは世の中に無かったわけですし、手作りが絶対に駄目ということは無いはずです。

ただ、市販のものほどの手軽さは無いですし、食材などの「選別する目」が問われるのは間違いないでしょう。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る