ブリーダーから直接購入する方法

ペットショップなどよりも、子犬の身元や環境が分かりやすいと言うことから人気のブリーダーからの直接購入。ブリーダー選びから、購入する方法をまとめてみました。

悪徳ブリーダーもいます!ご注意ください

「ブリーダーから購入」と聞くと、犬を愛し、倫理的なことも考えて交配させているブリーダーで、血統的にも健康面でも優れている犬を迎えることが出来ると、思われるでしょう。でもまことに残念なことでありますが、優良ブリーダーばかりが存在する訳ではありません。

動物愛護管理法に基づいて動物取扱業者として登録をすれば、あなたでもブリーダーになれます。パピーミルとブリーダーの境界線はあるようでなく、パピーミルのような、もしくは状況は完全にパピーミルですが「私はブリーダーです」と名乗る者もいます。

ワンちゃんと真摯に向き合い、本当に良い子犬の繁殖を考えている「極端に儲け主義ではないブリーダー」が理想です。

良いブリーダーの探し方

ワンちゃんの見学について、積極的で、犬の生活環境を全てきちんと見せてくれるブリーダーがベストです。人気犬種ばかりを繁殖させている、連続出産を強要しているような考え方のブリーダーはNGです。

自分が専門とする犬種を持っていること。そして、その犬種のスタンダードを理解し、それを追求するブリーディングを行っていること。何より、犬を愛するオーラが感じられること、愛される犬をブリーダーとして提供したいと真剣に考えている姿勢。このようなブリーダーの資質を見抜く力が必要です。

良い子犬を見分ける

ブリーダーの元に見学へいき、子犬を選びます。子犬の容姿も重要ですが、それ以上に「良い子犬であるか」を見定めることが求められます。

まず、子犬のうちから攻撃性の強い気質のワンちゃんは、飼育が困難です。また、明らかに他の子犬と比較してやせていたり、小柄だったりする場合も、病弱である可能性が高いです。
たくさん食べ、元気に動き回る子犬がベストです。

ブリーダーに血統のことや、遺伝性の病気については質問しましょう。ブリーダーのほうから、説明する義務が法的にありますが、飼い主のほうから質問するのが重要です。

後は、ブリーダーと良好なコミュニケーションを築きましょう。ブリーダーから色々な情報が得られます。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る