規則正しい生活で、生活にメリハリができる

よく耳にする言葉に、「犬はおもちゃではありません。犬は生き物です。」というものがあります。

この言葉が物語るように、大変規則正しく生活している犬のお世話をしているうちに、自分自身も規則正しい生活を送ることができるようになります。

散歩の時間

外でトイレをするワンちゃんは特に、決まった時間帯に散歩をする習慣がつきます。1日平均2~3回は外でトイレをしますから、それに合わせて、飼い主も散歩に出ることが習慣になると思います。

規則正しい生活と、自身の健康を手に入れることができるでしょう。どうせなら、天気の良い日は自分のウォーキングも兼ねて、いっぱい散歩したいものです。

仕事前や家事の前の、朝散歩を習慣にすれば、必然的に寝坊も皆無になります。「朝起きなければ」となれば、自ずと夜更かしも程々になりますから、早寝早起きも実現できます。

平日だって休日だって、人間がご飯を食べるのと同様、ワンちゃんは決まった時間帯に散歩へいきたがります。だらだらしない、メリハリある毎日を送ることができます。

躾のためにも決まった時間に食事

自分はだらだら食べて、愛犬は決まった時間に食事を食べる。「そういうのは、あまり良くない。」と考えるようになれば、あなたの食生活も規則正しくなります。

犬の1日の食事の回数は、生後6~8ヶ月までは1日3~4回、それ以降は1日2回が一般的です。朝・夕の食事は、愛犬と共に食べる。

食べているものは異なりますが、家族として一緒にすごす時間は、かけがえのない至福の時です。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る