家族共通の話題として盛り上がれるようになる

犬って飼ってみると分かるのですが、いつの間にか家族の中心的存在になっていく、不思議な能力を持っています。

何なんでしょう?たとえばハムスターとか猫だと、こうはならないだろうなと、私は感じるのです。

小さな子どものような存在

私は、犬はなんとなく、小さな子どもの存在に近いなと思います。子どもがいる家庭って、やはり子どもが何かと中心じゃないですか?あの感覚に、愛犬の存在は似ているのです。

子どもと大きく違うのが、「成長に限界がある」という点。

子どもは、いつしか自立し、大人になっていきます。小学校高学年にもなれば、ほとんど全てのことを、自分でできるようになってしまいます。中学にもなれば、部活などで自宅にいる時間も少なくなるものです。

犬だって成長はしますが、一人で散歩に行けるようになるわけでもありませんし、排泄だってお風呂だって、飼い主のお世話がずっと必要です。だからずっとずっと可愛い子どもが、家にいるような感覚が味わえるのです。

そして家族全員に、その感覚がずっと共通の感覚としてあるので、家族共通の話題といえば、「ワンコの話」という感じになるのです。愛犬の話をすれば、盛り上がる!その理由は、ここにあります。

いつまでも手がかかる、かわいいわが子のような存在。そして愛くるしく、癒される存在として、家族の話題の中心になるのです。

他のペットとの比較

他のペットと違うのが、愛嬌や愛想が良いところでしょう。甘え上手というか、コケテッシュというか、犬には人気者になる要素が秘められています。

猫もかわいいですが、猫と犬の大きな違いは、「散歩に行くかいかないか」だと思います。散歩に行く=家族とのコミュニケーションが取れるというところも、犬が家族共通の話題に上るほど、中心になる理由だと思います。

また、基本ゲージや水槽に入れておかなければいけないペットと異なり犬は、人間との距離が近いペットです。これも、家族としての距離の近さを感じられる1つの理由でしょう。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る