ビーグルの特徴・性格・飼い方

特徴

大きな瞳と垂れ耳が特徴的なビーグルはアメリカのコミック「スヌーピー」のモデルになっていることでも有名な犬種です。

体高は約38cm以下(15インチ)と約33cm以下(13インチ)が理想とされていますが、これは日本やアメリカの話で、イギリスでは約41cm(16インチ)のサイズも犬種として認められています。

古代ローマ時代から存在していた犬種で、狩猟のパートナーとして活躍、ウサギ狩りの時に鳴き声でウサギを追い詰めるため、その声から「森の鈴」「草原の声楽隊」という愛称を持っています。

性格

狩猟犬という性質上、活発で人間に対して友好的な犬種です。しつけや訓練に対しても従順で物覚えが良く、賢い性格といえるでしょう。

ただし活発すぎて野外で遊んでいると遠距離まで走っていってしまうこともよくあるので、必ず呼び戻しの訓練をしておくことが必要です。

家庭犬としての改良が進んでいますが、根本的には狩猟の本能を持っており、仲間とウサギを追い詰めるために吠える性格を持っています。しつけの際には無駄吠えを押さえるようにしておかないと、問題行動となってしまう点に気をつけましょう。

飼う上での注意点(ケアの仕方)

身体的には丈夫なので飼いやすい犬種といえます。注意する点としては食欲旺盛のため、肥満を避けるようにしてください。

とくにメスは貪欲で太りやすい傾向にあります。肥満になるとヘルニアや糖尿病など、人間と同じ成人病の原因となり、心臓病なども併発する危険があります。この肥満を避けるためにも豊富な運動量が必要なので、飼い主にも体力が要求されます。

また孤独になると飼い主を求めて無駄吠えをするようになるため、できるだけ精神的なストレスを与えない環境を作ることも大切です。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る