アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴・性格・飼い方

特徴

イングリッシュ・コッカー・スパニエルよりも全体的に体型が小さく、体高は約37~約40cm、体重は11~13kgの中型犬です。

狩りの際、獲物をおびき出す役目のスポーティングドッグに属しており、アメリカでは体躯の大きなイングリッシュよりも鳥猟犬として小型が求められたことから改良された犬種です。

被毛はシングルコートでストレートとウェーブがあり、垂れ耳にもたっぷりと飾り毛を持っていることが特徴で、愛らしい表情と鳥猟犬らしい元気さが魅力です。

性格

飼い主との主従関係をとても喜ぶ犬種で、飼い主に気に入られるよう務める健気な性格を持っています。鳥猟犬だったので体力があり、活発で遊び好きのため、子供のいる家庭では良きパートナーとなる一面もあります。

注意力、洞察力も高いので訓練やしつけにも慣れやすく、飼うことに難しさを感じることはありませんが、遊びや散歩に十分ついていける体力のある人向きです。

ただし、仔犬から飼育する時にしっかりとしつけないと、頭が良い分、ずる賢くなる点に注意しましょう。

飼う上での注意点(ケアの仕方)

被毛を長くして全身をまとうスタイルにすることがアメリカン・コッカー・スパニエルを美しく見せる方法のひとつですが、活発で遊び好き、体力もあるので被毛を長くしても散歩や遊びは十分に行ってください。

被毛を長くすると皮膚病にかかりやすくなります。最低2ヶ月に1度のトリミング、週3回以上のブラッシングは忘れないように。垂れ耳は外耳炎を招きやすいのでイヤークリーナーでこまめに掃除をしてあげてください。

また食欲旺盛なので、肥満にも注意が必要です。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る