シェットランド・シープドッグの特徴・性格・飼い方

特徴

スコットランドのシェットランド諸島が原産で、牧羊犬だったことからこの名前がつけられました。ラフ・コリーやボーダー・コリーと起源を共有していますが、厳しい環境下であったシェットランド諸島の気候に適応して小型犬になったといわれています。

体つきは筋肉質で首回りから胸にかけて飾り毛があり、オスの方がメスより多く飾り毛があることが特徴です。理想体高はオスが37cm、メスは35.5cmで、体重はオス、メスともに10kg前後とされています。

性格

牧羊犬としての歴史を持つだけに人間のパートナーという意識が強く、褒められることに対して素直に喜ぶ性格を持っています。

現在はその使命感を果たすことができないので一緒に遊んでゲームなどを行うと大変、聡明な一面を見せると同時に、飼い主と一緒に暮らす家族にも深い愛情も注ぐ従順で親しみやすい犬種です。

反面、見知らぬ人や他の犬に対しては警戒心を持っており、牧羊犬だけに吠えやすい習性を持っているので、最初のしつけの時にできるだけ吠えグセをつけさせない訓練が必要です。

飼う上での注意点(ケアの仕方)

胸にふさふさとした豊かな飾り毛があるので、せめて1日おきのブラッシングやコーミングは行いたいところ。長毛種は皮膚疾患にかかりやすいのでブラッシングしながらチェックしてください。

精力的に動きまわる犬種ですが、やはり小型犬であることは間違いないので、できれば屋外ではなく室内で、できるだけ家族と一緒に暮らした方が喜びます。

シェットランドシープドッグには稀に遺伝子疾患としてコリーアイという眼の病気を発症することがあります。物によくぶつかる、歩きたがらないといった症状が表れた時は速やかに動物病院へ連れていってください。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る