ペットにかかる世話の手間

人間の家族は、成人はもちろん自立した生活をする事ができますし、子どもであっても年月を経て、だんだん成長し、自立していきます。

ペットはもちろん、大切な家族です。
しかし犬は、全て自らが…という訳にはいきません。

犬だって、もちろん成長はします。
しかし、自分だけでお散歩へいけるわけではありませんし、トイレだって後始末は飼い主の仕事です。

餌をあげて、散歩へいって、排尿排泄の処理をすればいい?

日常のお世話となると確かに、餌をあげて、散歩へいって、排尿排泄の処理をすればいいのです。
一言で言ってしまえば、それ以上でも以下でもありません。

ですが、餌をあげるとなれば、餌を買ってこなければいけませんし、餌をあげた後は、その周囲の掃除や、犬用の食器の片付けをしなければいけません。

散歩だって、晴れている日ばかりではありません。
雨の日も雪の日もあります。台風の日だってあるのです。
「トイレを外で」という習慣があるワンちゃんは、どんな天気や気候の日であっても、散歩に出なければいけないのです。

排尿排泄の処理も、犬は自ら出来ません。
飼い主がその都度やらなければいけないですし、臭いもあります。

イメージとしては、犬の寿命である8年~15年間ずっと「赤ちゃんを育てている感覚です。」と、私はいつもお話します。
それだけ、手間がかかる事を認識しておかなければいけないでしょう。

病院への通院

犬は人間同様、健康を維持する為の予防や、病気や怪我をした場合の治療が必要になり、定期的に通院する事になります。
また更に、登録や狂犬病予防注射が義務づけられています。

ですので、動物病院への通院の手間と、その費用負担は飼い主として覚悟していなければいけません。

介護について

愛犬が長生きしてくれるのは、飼い主としてはうれしい事です。
しかし人間と同じく、老犬になると、介護も必要になってきます。

排泄や食事が上手くできなくなったりすれば、サポートが必要になります。
痴呆が始まるケースもあります。
要するに、人間の介護と何も変わらない手間が生じます。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る