犬のストレスを発散させるため、毎日の散歩を心がけましょう

犬だって人間同様、ストレスを感じる生き物です。
大切な家族です。
愛犬のストレスフリーを、飼い主としては目指したいところです。

犬のストレスサイン

まずは、犬がストレスを感じているサインを、飼い主は察知しなければいけません。
犬は、お話ができませんから、この初期察知が重要です。

実は、ストレスを感じているワンちゃんが出すサインは、たくさんあります。
ワンちゃんによって、どんなサインが出てくるかも分かりません。

ここでは、よく見られるストレスサインをご紹介します。

行動面では落ち着きがなく、なんとなくそわそわした様子が多く見受けられるようになります。
健康面では、下痢や嘔吐を繰り返したり、頻尿になったりします。

換毛期でもないのに毛が抜けたり、異様に毛づくろいをしたり、フケが増えたりする兆候も見られることがあります。

異常な行為が見られることもあります。
例えば、自傷行動や穴掘り行動などです。

ストレスのサインが見られても、一過性のものであれば心配ありません。
人間だって、緊張したりストレスを感じると、汗をかいたり下痢をしたりします。
一過性のものであれば、これと同じです。

なぜストレスを感じるの?

犬のストレスは発情期に交尾ができないストレスや、運動不足によるストレス、そして飼い主の愛情不足があります。

発情期のストレス回避は、避妊・去勢手術をするのが一番です。
では、運動不足と愛情不足によるストレスは、どのように回避すればよいのでしょうか?

散歩が一番!

愛犬のストレスを、最小限にするためにはやはり、毎日の散歩が大切です。

散歩は犬にとって一番の運動です。
そしてリフレッシュできる時間でもあります。
また、飼い主との大切なコミュニケーションの時間でもあります。

更に、散歩で屋外の色々な出来事や音を経験し慣れることで、物や音などに対して、いちいちストレスを感じない、精神的強さも得られます。
毎日の散歩の時間を大切にしてあげたいものです。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る