人間とは違う犬の年のとり方

犬の平均寿命は、犬種によって異なりますが、大体8年から15年ほどと言われています。
これはそのまま、人間の年齢に置き換えられる訳ではありません。
ちなみに寿命は、犬種だけでなく、生活環境や食生活などによっても変わってきます。

犬はどのように歳を取るのか?

犬が1歳になった時、人間にあてはめると何歳になっていると思いますか?
なんと!17歳。人間でしたら高校生です。
1年半で20歳だそうです。たった1年半で、大人になってしまうのです。

なんだか、このように見ていくと、犬に限らず、動物はすごいなと感心させられます。
産まれて、数日や数時間で歩くのも納得です。
ちなみに犬は生後1ヶ月で、人間で言うところの1歳だそうです。

しつけを急がれる意味

このように、犬は1歳になる段階で、17歳になってしまいます。
生後1ヶ月で人間の1歳、生後2ヶ月で人間の3歳と言われています。

あっという間に、どんどん成長してしまうワンちゃん。
だから、「しつけも早いうち」と言われるのです。
人間だって、20歳超えたら、なかなか習慣や人格を変えるのは困難です。
犬も同様、生後1年半を迎えたら、しつけをし直すのも大変ということです。

犬が10歳の時

犬は3歳で、人間年齢28歳になります。
ここからは毎年4歳ずつ歳を重ねていきます。犬が10歳になると、人間の年齢で56歳ぐらいになるそうです。
ここからは、人間年齢同様、どんなに健康な犬でも、色々と体にトラブルを抱えるようになってきます。

ペットロスにならない為に

人間と違う犬の歳の取り方を、理解して欲しい理由。
それは、「あなたよりも早く亡くなる可能性が高いペット」と言うことを、認識した上で、飼う事を決めて欲しいからです。

ペットロス症候群。
ペットを失うことが原因で起こる、様々な精神的・身体的症状です。
行き場の無くなったペットへの愛。これが原因です。

あなたにとって10年でも、愛犬にとっては56年。
この重みを理解し、寿命も理解し、その上で愛犬と接して欲しいと思います。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る