プロのペットシッターなので安心

留守中のペットのお世話を、貴方に代わって行ってくれるところは、色々あります。ペットホテルやペットシッターは有名ですが、それ以外にも、動物病院や知人や親戚にお願いするというような選択肢もあります。

ワンちゃんの健康状態や個性、飼い主の意向や予算、お世話をお願いする時間もしくは日数など、色々な事を総合的に考えた上で、留守中のワンちゃんのお世話をどのようにしていくかを考えます。

色々な選択肢がある中、ペットシッターを選ぶということは、どのような点で安心なのでしょうか?

ペットシッターはプロです

ペットシッターは、動物シッティングのプロです。これこそが、他の選択肢にない、ペットシッターに愛犬をお願いする安心点です。

「シッティング=世話をする、子守をする、留守番をする、付き添う」という意味合いから分かるように、ペットシッターは、貴方の愛犬だけに、寄り添い、お世話をしてくれます。ワンちゃんの、個性第一で接します。

ペットホテルのスタッフも、犬のお世話には慣れています。しかし、シッティングとは少しかけ離れたものになりますし、何より大きな違いが、ワンちゃんにとって、慣れ親しんだ自宅でもなければ、他にも沢山の動物がいる環境での生活になります。

同じく、動物病院にお願いするのも、犬の専門家ではありますが、シッティングのプロではありません。そして、本業である獣医師の仕事の傍らで、ワンちゃんのお世話を行います。環境も整っていませんし、なにより、病気などの感染してしまうリスクがあります。

その点、ペットシッターは、愛犬の自宅でマンツーマンでのお世話ですから、環境的にも衛生面を考えても、安心できます。

安物買いの銭失い

一番安価で、愛犬のお世話をお願いできるのが、知人や親戚に託すという方法です。ただし、たとえ犬を飼った事がある経験者だとしても、知人や親戚はあくまで素人です。

お礼程度の安価でワンちゃんをお願いするのは、結婚式出席など、ほんの数時間であれば良いかもしれませんが、宿泊を伴うお世話となると、ちょっと考えものです。

知人や親戚にとって、ワンちゃんのお世話の優先順位は低いはずです。自分たちの生活や家族を優先するでしょう。

慣れない環境、慣れない知人や親戚に預けられ、放っぽらかされたりでもしていたら、ワンちゃんはどう感じるでしょう?

貴方が帰宅後、別の犬のように豹変しているかもしれません。後のワンちゃんの精神面でのリカバリーや健康面の改善において、想像を超える時間と費用がかかる可能性もあります。

更には、万が一の事が起こった時、知人や親戚は保険に加入していないのはもちろん、ビジネスとして、ワンちゃんを預かった訳ではありませんから、責任を追及するのは困難になってしまうでしょう。

逆に、ワンちゃんが粗相やいたずらをして、知人や親戚の大切なものや家財道具を、壊してしまったり汚してしまったら、小言を言われるぐらいならともかく、「弁償してください」と言われかねません。そうなったら、かえって高くつく可能性もあります。

プロ=有資格者ではありません

ペットシッターは、確かにプロです。ペットに精通し、シッティングをきちんと行います。

しかし、ここで一つ注意していただきたいのは、ペットシッターは資格がなくても従事できる仕事であるという事です。つまりプロであっても、資格保持者とは限らないという事です。

無資格であっても、ペットシッターとして優れている方は、たくさんいます。ただ、専門知識をきちんと習得済みであるか、そしてペットシッターを本業として真剣に遂行して行こうという考えているかどうかの気持ちの部分は、資格が表現しています。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る