ペットホテルとの違い

よくペットホテルとペットシッターって何が違うの?と比較されます。この二つの業態は、似て非なるものです。

飼い主のニーズ、そしてワンちゃんの個性に合わせて、どちらを利用するか考えていくと良いでしょう。

短時間か長時間か

ペットシッターは基本的に、日中であれば1日1回~2回、一回につき1時間~2時間、ワンちゃんのお世話をします。

夜間における、お泊りペットシッターの場合も、夜20時前後から朝8時前後までの約12時間をのみの、ワンちゃんのお世話となります。

ですが、ペットホテルの場合は、夜間有人か無人かという差はホテルによってあるものの、基本的には、24時間責任を持ってお世話をしている環境です。日帰りであったとしても、まとまった時間をホテルの責任下で、ペットをお預かりしています。

場所の違い

ペットホテルの場合は、「ホテル」というワンちゃんをお預かりするスペースを用意しての営業です。しかしペットシッターの場合は、基本、ワンちゃんのご自宅でのシッティングとなります。活動拠点の違いが、大きな違いです。

お世話の仕方

大きな違いは、ペットホテルの場合スタッフに対し、ワンちゃんのほうが多い計算になりますが、ペットシッターの場合は、多頭飼育のオーダーなどを除けば、基本はマンツーマンです。

また、ペットホテルは、ホテルというだけに個室が用意されますが、ペットシッターの場合は、拠点がワンちゃんのご自宅ですので、いつもと変わらない空間でのお世話になります。

事情があるワンちゃん

一番多いのが年齢的なものや、疾患があるワンちゃんです。ペットホテルは、マンツーマンにはなれない環境下だけに、お預かりできるペットの年齢制限を設け、病気や怪我のワンちゃんは受け入れ困難というケースが多いです。

しかしペットシッターの場合は、個々に向き合いますので、基本的には年齢制限や、疾患などは特に、規制を設けないケースが一般的です。

また、混合ワクチン・狂犬病予防接種未接種でありますと、ペットホテルの場合、お願いできないケースが大半ですが、これに関しても、ペットシッターの場合は、許容範囲を広くとっている傾向があります。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る