こんな時に利用すると便利です

ペットシッターは、飼い主の代わりに自宅において、ワンちゃんのケアを行います。ペットシッターは、どのような時に利用できるのでしょうか?

決まりはありません

結論を先に申しますと、ペットシッターを利用するにあたり、「こういうときに利用できる」という規約的なものはありません。誰でもいつでも、ペットのお世話を頼みたいのであれば、利用できます。

数日間家を空けるとき

出張や出産、旅行などで家を数日間留守にするとき、ペットシッターを利用すると便利です。

ペットシッターがゴミだし(出来る場合)や、お部屋の換気はもちろん、郵便物の受け取りまで無料で行ってくれます。

飼い主の病気や怪我

飼い主だって人間ですから、ワンちゃんとの生活中に、病気や怪我になってしまう事もあります。

風邪など、すぐに治る場合はまだ良いですが、治療が長期に渡る場合、ワンちゃんのお世話が難しくなってしまいます。

このような時、食事やトイレのお世話、お散歩などをペットシッターが毎日サポートしてくれます。

介護サポート

ワンちゃんの平均寿命が14歳前後という今日、飼い主にとって「ワンちゃんの介護」という問題は、大変大きなものとなっています。

飼い主にも仕事があったり、または、飼い主自体が年老いて、ワンちゃんの介護を満足に出来ないというケースは珍しくありません。このような時、ワンちゃんの介護のサポートを、ペットシッターが行います。

パーティドッグシッター

自宅外でも、ペットシッターを利用できます。例えば、結婚式や披露宴にワンちゃんを一緒に出席させたいが、自分が主役、もしくは招待客である以上、ワンちゃんの面倒をずっと見る事は不可能です。

このような時、ペットシッターが会場もしくは会場付近で、ペットが登場OKな場面まで、お世話をしてくれます。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る