ペットシッターになる人はどんな人?

ペットシッターを生業としている方は、ペットシッターになりたいという強い思いをもって、この道を選ばれています。

ペットシッターの方々が、仕事において目指しているものとは、一体何なのでしょうか?

最初のきっかけ

最初のきっかけはやはり、「犬好き」です。しかし、仕事である以上、犬が好きなだけではペットシッターは勤まりません。

末永いお付き合いを

ペットシッターは、1匹(頭)1匹(頭)のワンちゃんとその飼い主を大切にし、寄り添い、お世話をしたいと考えています。

ですので、一見客(単発)ばかりをシッティングしていくというよりは、末永きお付き合いを望んでいる人が多いです。

これは飼い主にとっても同じです。信頼できるいつもと同じ人に、ペットシッターを頼みたいと考えている方が、圧倒的に多いです。

自分の留守中に自宅に入れるわけですし、大切な愛犬のお世話をマンツーマンでお願いするのですから、この気持ちは当然の事です。

だからこそ、ペットシッターも飼い主も、お互いの信頼関係と相性を重要視しています。ペットシッターの多くが、シッティング前に面談をするのは、その為です。

独立開業

真剣にペットシッターを、「一生涯の仕事にしたい!」と考えている方は、まず資格を取得します。そして、実務経験を積むために、どこかのペットシッター派遣会社に登録もしくは、社員・アルバイトとして入社します。

最終的には自分で独立開業し、更に常連さんを大切にしたシッティングを目指して行きたいと考えています。

地元密着型で頼りになるペットシッターは、飼い主にとって良きパートナーですし、ペットシッターから見ても、可愛いわが子のような気持ちで、ワンちゃんのお世話ができるという利点があります。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る