用意しておくものはあるの?

ペットシッターにワンちゃんのお世話をお願いする際に、用意しておくものをまとめてみました。用意すべきものは結構多いので、利用の際、慌てないように事前に準備しましょう。

事前面談の時に必要なもの

犬のお世話といっても、個体および各御家庭によって、お世話の仕方やコツは異なるものです。ワンちゃん普段どのようにお世話しているのかを、時系列でまとめておきましょう。

散歩を依頼する場合は、散歩のコースも分かるようにしておくと安心です。

そして、ペットシッター業者の多くが、混合ワクチンおよび狂犬病予防接種済みであることを、ご依頼の条件にしているので、接種証明書を見せられるように用意します。同時に、かかりつけ医の情報も伝えておきましょう。

事前面談時に合鍵を預ける業者も多いので、合鍵がある場合は、渡せるようにしておきます。

また、シッティング中に、エアコンの操作をお願いするケースも多いと思います。エアコンの使い方も、メモでまとめておくと親切です。

最後にお金です。事前面談後、契約を結びその場で支払いという業者も多いです。

当日の準備

まず、一番大切なのがフードです。いつも食べているドッグフードを、1回量に小分けにして用意しておきます。

保管場所は、事前面談の時に、伝えておきます。この時、ワンちゃんの手の届く範疇に置かないように注意しましょう。

もし留守中、ペットシッターを1日1回しか頼まない場合は、もう一食分は自動給餌機などに頼るしかありませんので、そのセットもペットシッターにお願いします。

また、トイレのグッズとゴミを入れるビニール袋を用意しておきます。ゴミ出しまでお願いできる場合、自治体専用のゴミ袋がある時は、それも用意しておく必要があります。

お散歩を依頼した時は、リードやトイレ処理のセットなども分かる場所に1つにしておきます。同様に、グルーミングもお願いする場合は、その準備もしておきます。必要であれば、おやつやオモチャなども用意しましょう。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る