留守宅に他人が入ることが心配

どんな事情であれ、自分が留守中に、自宅に他人が入るのは漠然と心配、不安なものです。

ペットシッターを利用する際の大半が、オーナー不在となります。ペットシッターを利用する上で、心配点はないのでしょうか?

安心できるペットシッターを選びましょう

個人情報の漏洩、窃盗、鍵の管理…留守の自宅に他人が入り込むとなれば、心配な事は山ほどあります。

ペットシッターは、基本的に動物が好きで、飼い主様のお役に立ちたいと願い、ペットシッターを生業にしています。

つまりはプロですから、基本的に物を盗んだり、顧客様の情報を盗んだり、鍵の管理をずさんに行うなどの行為はありえません。

しかしそうは言っても、ペットシッターも一人の人間です。ペットシッターに限らず、ベビーシッターや家政婦などでも、時折耳にする窃盗などのトラブルが、「ペットシッターには絶対にありません!」とは言い切れないのが事実です。

それだけに、事前面談などの書類のやり取りや会話で、安心できそうなペットシッターおよび業者を選ぶ必要があります。

出来れば、ペットシッターを本業としている有資格者で、アルバイトではなく、その業者の社員として勤めている方にお願いするのが一番安心です。または、個人事業主として、きちんとペットシッター業を運営している方でもよろしいかと思います。

つまりは、「下手な事をしたら、自分の生活が危ぶまれる、責任ある立場で仕事に従事している方」であれば、妙な行動はできないであろうという事です。

基本的なシッティングルール

それでは面談で、どのような説明をしてくるか?もしくは、こちらの質問にどのように答える業者が安心なのか?を見抜くポイントである、「一般的なシッティングルール」について、ご説明しましょう。

まずは、鍵の管理です。これについて、きちんとしている業者でなければ、安心して自宅やワンちゃんを任せられません。

きちんと、書面を交わすのが一般ルールです。鍵の受け渡し方法や日時も確認するのが、普通の業者です。

そして次に、時間外の入室についてです。約束したシッティング時間以外に、シッターが自宅に入る事は絶対にないと、約束してくれる業者が普通です。約束した時間にルーズなのは、論外です。

また、個人情報についてです。個人情報の漏洩については最近、ペットシッター業界に限らず厳しいものです。

個人情報の取り扱いに関する書類を提出および、それに関して双方にサインをするシステムになっているかを確認しましょう。

更には、シッティングでペットシッターが入室してよい部屋を限定し、それ以外の場所に立ち入らない約束および、シッティングに関係ないものを触ったり移動したりしない約束を、書面できちんと交わすのも、シッティングルールとしては基本です。

それでも心配なら

きちんとした業者だと分かっても、やっぱり他人を留守中の自分の家に入れるのは心配という方は、ペットシッターを利用しない方がよろしいかと思います。

心配、不安を抱えたままの外出は、気が気じゃありません。大切な用事がおろそかになったり、楽しい旅行が台無しになったりしかねないでしょう。

このような方は、気心知れた友人にワンちゃんをお願いしたり、ペットホテルを利用するべきであると判断できます。この方法であれば、自宅に他人が出入りする事はありません。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る