性格的な部分で断られる事は?

ワンちゃんにも性格があります。その性格ゆえに、あえてペットホテルではなく、ペットシッターにお願いしたいというオーナーの方も多いと思います。

特に、場所見知りが激しかったり、他のワンちゃんが苦手だったりするワンちゃんには、慣れ親しんだ自宅で過ごす事ができるペットシッターの利用は、おすすめできるといえるでしょう。

相性の部分で断られることがあります

ペットシッターをお願いする側としては、マンツーマンな対応だけに、ワンちゃんとペットシッターの相性を気にします。

飼い主様と同じぐらい、ワンちゃんとの相性を気にしているのが、ペットシッター自身です。

事前面談の段階で、全く手が付けられないほど暴れたり、近所迷惑になるほど吠え続けたりと、ペットシッターとのコミュニケーションが全くとれない場合、ペットシッターの依頼自体を断られる事が多いです。

怖がり、人見知りのワンちゃんの場合

これに関しては程度にもよりますが、怖がりのワンちゃんや、人見知りのワンちゃんぐらいのレベルであれば、断られる事は、まずありません。

ペットシッターは通常、愛犬との距離を縮める努力、工夫をして、シッティングを行います。

1日目はなかなか近寄らなかった犬が、2日目にはすっかり懐いて…という話もよく聞きます。ペットシッターはプロとして、ワンちゃんとの懇親を図り、親身にお世話をします。

心配な事は、相談しましょう

性格的な部分で心配なら、事前面談などの際に、率直に相談してみましょう。ペットシッターはプロです。

プロの目線から見て、性格的なところでシッティングに不安がある場合は、素直に懸念点を教えてくれるはずです。

逆に飼い主は心配していても、ペットシッターから見れば、さほど心配ないような事である場合も多いものです。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る