大きな犬でもペットシッターは来てくれる?

「ペットシッターをお願いしたいけど、うちは大型犬だし大丈夫かしら?」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

犬種制限があるのか?

確かに犬と一言で言いましても、日本で一般的に目にする犬種だけでも、50種類ほどあると言われています。

チワワのように小さいワンちゃんから、ボクサーのようにとても大きなワンちゃんまで、サイズも色々です。

ペットホテルの場合、ワンちゃんが過ごすスペース的な問題で、やはり大型犬は場所を必要とするだけに、小型犬よりはスペース数が少なく、ハイシーズンなどでタイミングが悪いと、大型犬スペースに空きがなく、預けるところを探すのに一苦労という事があります。

でもペットシッターの場合、自宅でのシッティングとなりますから、そのような心配はなく、超大型犬であってもシッティング可能です。特にサイズや犬種で制限を設けているペットシッターは、あまり耳にしません。

料金は割高です

ただし、シッティング料金に関しては、大型犬および超大型犬の場合、小型犬や中型犬よりも割高になります。小型犬と比較すると、倍近く料金がかかると思っていてください。

また、多頭飼いでワンちゃんのサイズが異なる場合、規定の金額ではなく別の見積もりになる事がありますので、問い合わせをして、まずは金額を確認してみる必要があるでしょう。

引きの強いワンちゃんの場合

これはどんなワンちゃんでもあることですが、その中でも大型犬は特に、散歩時の引きが強いケースが多いです。大型犬の依頼を受ける際、ペットシッターが気にする事の一つです。

引きが強い場合、事前面談で引きの強さのチェックや、テスト散歩をする事があります。この結果を受けて、散歩を断られるケースがあります。

また、大型犬の多頭飼いの場合、多頭引きの散歩は安全上、行わないペットシッターもいます。そうなると、それぞれに散歩に出る事となり、シッティングの時間が延長になる可能性があります。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る