預けることができないのはどんな犬?

ペットシッターをお願いしたいけど、うちの愛犬はお願いできるのかしら?と思われている方も多いと思います。

ペットシッターの利点の一つなのですが、ペットホテルよりは、依頼するにあたってのワンちゃんの状況に対する規約が緩く設定されています。

これは、マンツーマンでお世話ができるという点と、あくまでも時間契約なので、それ以外の時間帯に起こったトラブルに関して、ペットシッター側が責任を負う必要がない為、許容範囲を広げられるというところにあると、考えられます。

でもそうは言っても、「どんな犬でもOK」ということではありません。多くのペットシッター業者の規約で決められている一般的な預けられない条件をまとめてみました。

狂犬病予防接種

基本的に、狂犬病予防接種に関しては、必須条件となっているのが一般的です。確かに今日、日本において狂犬病は撲滅できているという認識もあります。

しかし狂犬病予防接種は、飼い主の義務として制定されていますし、何より万が一、お世話するワンちゃんが狂犬病であったりしたら、人間にも感染する大変危険な病気です。

危険だからこそ、狂犬病予防接種は義務化されている訳ですから、そのリスクをペットシッターも背負えないのが実情です。

特別な事情があり、狂犬病予防接種ができないワンちゃんを除き、「1年以内に、狂犬病予防接種済みであるワンちゃん」というのは、多くのペットシッターが規約にあげている条件です。

混合ワクチン

混合ワクチンの接種に関しても、「1年以内に接種済みであるワンちゃん」という規約に入れているペットシッターが大半です。

ただ、ペットホテルの場合、「●種混合ワクチンを接種していること。」という形で、混合の種数まで指定しているところが多いですが、ペットシッターの場合は、この部分が少々、緩いような印象を受けます。また中には、混合ワクチンの接種していなくてもOKというペットシッターもいます。

ノミ・ダニ予防

猫や犬のノミ・ダニに関しては、人間にも感染する可能性もありますし、ペットシッターの洋服などについて、別の依頼者の動物にうつしてしまう可能性もあり、ノミ・ダニ予防をきちんとしているという事を、利用条件に入れているペットシッターが多いです。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る