ペットホテルで病気になった場合の対応

ワンちゃんは生き物ですから、いつ何時、具合が悪くなるか分かりません。

ペットホテルに愛犬をお願いしている際にも、病気や体調不良になってしまう事があります。このような時、ペットホテルはどのように対処するのでしょうか?

慣れない環境で病気になりやすい

実は、飼い主の気持ちとは裏腹に、慣れない環境下でストレスが溜まったり、食事が思うように進まなかったり、自宅との温度差があったりと、ペットホテルでの生活を介して、病気になってしまったり、体調を崩してしまうワンちゃんが多いのが実情です。

特に、人見知り・場所見知りが激しい、他のワンちゃんが苦手、寂しがり屋、ペットホテルの利用が初めてというワンちゃんは、体調を崩しがちです。

体調に変化が出た場合

軽い下痢程度であれば、様子を見る場合もありますが、基本的には飼い主へ、ペットホテルが体調不良の連絡を入れます。そして、飼い主へ現状報告を行い、病院に連れて行きます。

この流れが、基本的な流れです。緊急性が高い場合や、飼い主への連絡が取れない場合は、飼い主への連絡前に、獣医師へ連絡を取り、指示を仰ぎます。獣医師の指示のもと、病院へ搬送するケースもあります。

ペットホテルには必ず、提携の動物病院があります。その動物病院で治療を受ける事になります。治療費は全額、飼い主の負担となり後ほど請求されます。

動物病院が併設されている場合

ホテル滞在中毎日、獣医師の健康チェックのサービスがあるところが多いです。体調に変化が出た場合、併設動物病院で、すぐに診察を受ける事ができます。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る