ペットホテルに預ける流れ

ここでは、初めての方が一番不安な、ペットホテルの利用方法について、ご説明していきます。

まずは予約をします

ペットホテルは予約制です。事前に利用したい日時を伝え、予約をする必要があります。

予約は、電話やファックス、ネットなどで行います。最近は、24時間受付OKのところが一般的です。

飼い主としては、色々と質問があると思います。質問は、この予約の際にしておくと良いでしょう。

年末年始や、ゴールデンウィークなどの大型連休は、ペットホテルも大変込み合います。早めの予約がベストです。

当日の持ち物

まず、一番大切なのはごはんです。「有料で提供する」というサービスを行っているペットホテルもありますが、それじゃなくても慣れない環境で、生活をしなければならないワンちゃんのことを第一に考えるのであれば、いつもと同じフードを用意してあげるべきです。

また、首輪、リードも同様に、いつものものを持参しましょう。タオルやオモチャ、ベッドなどを持込できるペットホテルもありますので、予約の際に確認してください。

また、多くのペットホテルが「狂犬病予防注射と混合ワクチンの接種を行っているワンちゃんのみが利用可能」という規定を作っています。そのため、それらを証明できる証明書もしくはそのコピーが必要になります。

証明書を紛失してしまっている場合は、獣医師に再度、証明書を発行してもらわなければいけません。

また、飼い主自身の身分証明書の提示も通常求められますので、免許証などを提示できるように用意しておきます。

チェックイン

当日は、決められたチェックインの時間にペットショップへ向かいます。中には、送迎を頼めるペットショップもあります。

チェックインの際は、持参したものをスタッフに渡し、カルテに必要事項を記入します。またスタッフは、ワンちゃんの体調チェックおよび、飼い主の方からの生活上の注意点のヒアリングを行います。

ペットホテルでは、ワンちゃんのお世話をお願いしている間に、トリミングや歯磨きなどお願いできるところも多く、これらは通常、別料金のオプションなので、必要であれば、予約時もしくはチェックインの時に申し込む必要があります。チェックインには、最低15分ぐらいかかると思っていてください。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る