ペットホテルの一日の過ごし方

飼い主であれば、ペットホテルでどのように、愛犬が1日を過ごしているのか気になるものです。ペットホテルは通常、1日のサービスの流れをスケジュール化しています。

当然、ペットホテルによって、その内容は多少異なりますが、ここでは一般的に良く見られるペットホテルでのワンちゃんの1日をご紹介したいと思います。

チェックイン・チェックアウト

人間のホテルのようなイメージで、ベースとなるチェックイン・チェックアウトの時間を設定しているペットホテルが一般的です。

大体、午前中10時~11時ぐらいがチェックイン・チェックアウトの時間となっています。また日帰りの場合のチェックアウトは、19時前後に設定しているペットホテルが多いようです。

ただこれは目安で、大半のペットホテルが、それ以外の時間のチェックイン・チェックアウトもOKとしています。

また、空港近くなどのペットホテルは、24時間チェックイン・チェックアウトOKというところもあります。

チェックインの後は

まずは、室内の広いスペースで、他のワンちゃんとの交流を深めます。ただこれは、このようなスペースがある場合に限ります。

完全個室制のホテルもあり、他のワンちゃんとの交流をあえて行っていないホテルも多いです。

その後、自分の個室でリラックスタイム。ペットホテルで過ごす自分の空間に慣れ、お昼寝をします。

午後の過ごし方

午後は運動タイムです。基本的には、30分ぐらいのお散歩へ出かけるペットホテルが多いですが、最近は、ドッグランや室内ジムなどを併設しているペットホテルも多く、そちらで遊ぶようにスケジュールを組んであるペットホテルもあります。

そして夕方は、また個室で一休みをして、その後、夕食となります。夕食は、17時~21時に提供するペットホテルが一般的です。

就寝までの過ごし方

食後は、自分のお部屋でまったりと過ごさせるペットホテルから、スタッフと室内遊びを楽しむペットホテルまで様々です。

また、就寝までに、最後の排泄を行わせます。排泄のために、軽い散歩へ出かけるペットホテルもあります。そして、21時~23時ぐらいに就寝となります。

翌朝

起床時間は、6時~7時ぐらいです。そして、8時~9時ぐらいに朝食を食べます。

朝食後は、ちょっと休憩した後、朝のお散歩へ出かけます。ここでも、ドッグランや室内ジムなどを併設しているペットホテルの場合、そちらで遊ぶようにスケジュールを組んであるケースもあります。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る