ペットシッターお世話は何をしてくれるの?

ペットシッターを依頼すると、具体的にどんなお世話をしてくれるのでしょうか?業者によって多少異なりますが、ベースは大体同じです。

基本となるベースのお世話

まず訪問すると、愛犬とのスキンシップおよび、健康チェックを行います。健康的に、問題がないようであれば、給餌そして、トイレのお世話および散歩を行います。

これらのお世話を1時間ほどで行うのが、ペットシッターの基本的な仕事です。

シッティング後は、1日の報告書をまとめます。報告書は、帰宅後に飼い主様にお渡しするケースと、その都度、毎日メールで送信するケースがあります。

飼い主のご希望に応じて行うお世話

グルーミングは、飼い主のご要望次第で行います。また、投薬についても、対応しているペットシッターが多いです。

これらのお世話に対し、有料のペットシッターもあります。

シッティング以外のサービス

オーナーが出発前に出てしまったゴミを、シッティングの際に出たゴミと一緒に、ゴミ収集日に出すサービスを行っている業者が多いです。

また、新聞や郵便物の受け取りを行ってくれるペットシッターも、意外とたくさんいます。これは、長期で外出する飼い主さんにとっては嬉しいサービスです。

それ以外にも、シッティングルームの掃除や、観葉植物への水やりなども行ってくれるペットシッターもいます。

これらは、有料のところもありますが、比較的、無料のところの方が多いようです。

万が一の時の対応

健康状態に不安があるときなどは、飼い主へ連絡後、かかりつけの動物病院への搬送も行います。中には、ペットシッター業者が提携の病院を有している場合もあります。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る