ペットシッター徹底した衛生管理と感染予防

留守中のペットのお世話、どこに依頼するか迷うところです。

ワンちゃんの健康状態や個性、飼い主の意向や予算、お世話をお願いする時間もしくは日数など、色々な事を総合的に考えた上で、留守中のワンちゃんのお世話をどのようにしていくかを考えます。

ペットホテルや動物病院というような選択肢もある中、ペットシッターを選ぶ利点の一つに、「衛生管理と感染予防」が挙げられます。

マンツーマンならではの安全性

「シッティング=世話をする、子守をする、留守番をする、付き添う」という意味合いから分かるように、ペットシッターは、貴方の愛犬だけに、寄り添い、お世話をしてくれます。だからこそ、他の選択肢よりも愛犬の健康や安全を守れるのです。

ペットシッターは、1日に数件のご依頼を掛け持ちします。その都度、手の消毒を行い、時には除菌スプレーを全身にスプレーします。

ユニフォームやエプロン、靴下などは、訪問ごとに取替えます。こうする事で、ほかのワンちゃんとの間接感染を防ぐことができます。

散歩時も、他のワンちゃんとの接触も配慮し、伝染病などの感染を予防します。拾い食いなどにも、注意して散歩を行います。

シッティングを行う室内は清掃を行い、飼い主の代わりに、清潔な環境をキープできるようにします。

このような徹底したペットシッターの努力によって、衛生的な環境で健康に、お留守番ができるのです。

良いペットシッターを見分けるポイントでもあります

徹底した衛生管理と感染予防を行っているかどうかは、ペットシッターを選ぶ際の見分けポイントでもあります。

残念ですが、上記に書かせていただいた内容を、きちんと徹底して行っているペットシッターばかりではありません。

衛生管理と感染予防について、具体的にどのように行っているのか、説明できるペットシッターが安心です。

更には、狂犬病予防接種および、混合ワクチンの接種、ノミ・ダニ予防を利用規定にしているペットシッターであれば、他のお宅からの感染源の持込リスクを、最小限に留める事ができるので、ここも良いペットシッターを見分けるポイントかと思います。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る