ペットホテルは具体的に何をしてくれるの?

併設型ペットホテルはなにかと便利

基本的には食事、排泄、それから散歩です。この基本的なことだけでもペットホテルによって方法が異なりますので事前確認をしておいてください。

散歩の回数は1日2回が一般的、食事は飼い主が普段、与えているドッグフードを日数分用意しておくことが一般的です。

動物病院が経営しているペットホテルのメリットは体調が悪くなった時、すぐに対応が可能なことです。かかりつけの動物病院にペットホテルがあれば預けても安心ですね。

ドッグサロンに併設されているペットホテルではグルーミングなどのサービスを受けられますし、ドッグランが経営しているペットホテルならフリースペースを利用できるのでストレスを軽減させることができます。愛犬の体調と相談しながらペットホテルを選ぶことも重要です。

都市部と郊外のペットホテルの違い

都市部では単独でペットホテルを経営しているところがあります。送り迎えを簡単にできるというメリットを持ちますが、やはり敷地が狭いというのがデメリット。

散歩をどのようにしているのか、就寝場所の確保はどうなっているのか、病院との連携はどうなっているのか、事前に細かく聞いておいた方が安心ですね。

そういった質問にきちんと答えられるペットホテルは信頼できますが、質問に対して態度が横柄だったり曖昧だったりした時は速やかに別のペットホテルを探しましょう。

郊外のペットホテルは送り迎えに時間がかかるというデメリットはあるものの、やはり敷地が広いというメリットを持っています。また自然環境に恵まれているのも郊外店の特徴のひとつ。

その意味では毎日の散歩を存分にさせたい大型犬には最適と言えるでしょう。ペットホテル単独経営の場合、都市部と同じように病院との連携等、確認事項を怠らないようにしてください。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る