安心できるペットシッターの見分け方ってある?

初対面で分かるダメなペットシッター

ほとんどのペットシッターは出張してケアをしているので、実際に他の愛犬のケアを見学するチャンスはありませんね。したがって依頼して最初の打ち合わせの段階で訪れたペットシッターの仕事ぶりを見ることが飼い主の役目です。

ペットシッターのほとんどは女性ですが、打ち合わせの段階から多少の化粧ならともかく、香水の匂いが強かったりアクセサリーが多かったりする人はダメですね。

犬はもっとも嗅覚の優れた動物なので、ほんの少しの人工的な匂いでも犬に取っては苦痛であることの方が多いのです。

プロの仕事をするペットシッターへ依頼する

また指輪やアクセサリー類は愛犬を傷つける可能性が高くなりますし、長く伸ばした爪も同様。さりげなく観察すれば経験値の高いペットシッターか否か初対面でも分かります。

逆に、それまで他のペットのケアをしたまま打ち合わせに表れ、他の犬の匂いや毛がついているような無神経な人も敬遠したいところ。

やはり多少のおしゃれをしていても清潔感があり、愛犬と接しても愛犬が拒絶しないようなタイプのペットシッターと事前打ち合わせをしたいものです。

愛犬とのご対面は飼い主とペットシッターの事前打ち合わせ後となりますが、経験豊富なペットシッターになると愛犬に愛情を注ぐだけでなく、さりげなく愛犬を触りながら身体の部分をチェックしたり、ケージの中や食事の道具など、自分がケアするための確認を行います。

プロのお仕事ぶりを見せるペットシッターだったら、飼い主も安心して預けることができるでしょう。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る