留守にペットシッターを依頼すると鍵はどうなるの?

経営側も預り証を発行して顧客へ安心感を与える

家の中に入るためには鍵が必要なので、ペットシッターに預けることになります。この点もペットシッターを経営する上で最もウィークポイントとなるため、どの業者も顧客が安心できるように鍵の預り証を発行したり、ペットシッター本人が預かるのではなく事務所管理したりして事故防止に務めています。

家の鍵の形式にもよりますが、ペットシッターを依頼する人の多くは予めスペアキーを作っておき、それを渡すようにしています。

やはり家の中にペットシッターを入れるということは信頼関係なしにできることではないので、鍵の問題も同様、ペットシッターを信頼するしかありません。

郵便物を溜め込まないなど防犯対策もお仕事のうち

むしろ、最近のペットシッターは留守宅における安心サービスを付加価値としてつけているので、それを利用できると考えた方がいいでしょう。

定期的に家に来てくれるので部分的な部屋のカーテンの開け閉め、それからポストに入っている新聞や郵便物を家の中に入れたり、タオルなど簡単な洗濯物をあえて外に干すなどして、防犯対策を講じるところもあります。

また、怖いのは不在中に家の中で大切なものが壊されたり水漏れなどの事故が発生して近所に迷惑をかけたりする場合ですね。

ペットシッター保険というのがあり、事故を起こした際や器物破損した時、保険が適用できることがあるので、このペットシッター保険に加入していることを確認するのも安心して預けるひとつの方法です。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る