どんな食事を食べさせればいいの?

食事は、毎日のこと。ワンちゃんにとっては、1日の中でも最大の楽しみですし、喜んで食べてくれる姿を見ると、飼い主としても嬉しい限りです。そして、健康を維持するための源でもあります。

ドッグフードを購入して与えるという、とてもシンプルで簡単な方法から、手作りで作るという選択肢まで、ワンちゃんの食事に関しては飼い主の考え方や、ワンちゃん次第で様々です。

幼犬時代

最初は、獣医師やペッショップが薦めてくれるドッグフードを与えてみるのが一番無難です。

もちろん手作りでも良いのですが、飼いはじめてから1ヶ月は、飼い主にとって、しつけというとても重要な任務が待っています。

ワンちゃんも、その家庭・家族に慣れて、トイレなど覚えなければいけないことがたくさんあります。食事だけにWeightを置きすぎないほうが、お互いに楽だと思います。

手作りもおすすめです

しつけが完了しましたら、犬種や、ワンちゃんの趣向を考えつつ、健康面を意識した食事を与えていきましょう。ドッグフードは、栄養バランスに優れた食事です。ただ、ものによっては、中身が心配というものもあります。

時間が許すのであれば、手作りもオススメです。ただ、獣医師見解からすると、あまり手作りを推奨しない傾向があります。

これは、やはり素人の手作りだと、栄養バランスなどに懸念があるからです。ということは、手作り=愛情表現という気持ちだけで手作りの食事をワンちゃんに与えるのはNGという事です。

手作りをすると決めたら、犬が食べられる食材、食べれない食材という基礎から、栄養学的な部分、農薬などの知識まで、きちんと勉強して挑まなければいけません。

健康チェック

食事の良し悪しは、はっきり見た目に出てくるものです。愛犬の体調や毛並み、排泄物、口臭、歯垢などをチェックし、問題が無ければ、今の食事を継続していって大丈夫でしょう。

毛並みが悪かったり、口臭がきつい場合は、健康面で心配があります。歯垢・歯石が溜まり易い食事ですと、将来的に虫歯や歯周病などの心配が出てきます。このような場合は、食事の内容を見直す必要性があります。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る