ペットフード安全法とは

平成21年6月1日、ペットフード安全法が施行されました。正式な法律名は、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」といいます。これは、ペットフードの安全性を確立するための法律です。

なぜ法律が出来たのか?

今、日本で販売されているペットフードの多くは、海外で生産されています。元々、ペットフードに関する法律は日本にはなかったのですが、それ以前に、たとえば農薬などの諸外国と日本との安全基準は異なるものです。

当然、愛玩動物にとって危険性の高い物質が含まれていても不思議ではない状況は、容易に想定できておりました。

そして日本で生産されているペットフードに関しても、人間の食品安全法は適応されないものですから、やはりその内容に関しては「不安はない」とは言えない状況でした。

そんな中、平成19年に米国で、有害物質であるメラミンが入ったペットフードを食べた犬猫が多数死亡するという事件が発生。その後調べたところ、日本でもメラミンが入ったペットフードが、輸入販売されていたことが分かったのです。

これが、ペットフード安全法が制定されるきっかけでした。

法律の概要

ペットフード安全法で対象となるペットフードは、犬猫用のペットフードのみです。

農林水産大臣及び環境大臣が定めた成分規格及び製造方法に合わないペットフードは、日本国内での生産物はもちろん、海外からの輸出販売も禁止となりました。

また、購入者・使用者に対しての決まりも作られました。ペットフードに関する適切かつ十分な情報を提供する義務が、製造・輸入・販売元に与えられ、名称、原材料名、賞味期限、製造業者等の名称又は住所、原産国名の記載が必要になりました。全て、日本語で表記するように決められております。

違反した製造・輸入・販売元には、違反内容によって、懲役や罰金などの罰則が、「ペットフード安全法 第四章 罰則」で制定されております。

つまりペットフード安全法は、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードを撲滅するという法律なのです。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る