危険なドックフードも存在します

「危険なドッグフード」というタイトルを見て、驚かれた方もいらっしゃるでしょう。「危険なもの販売していいの?」と漠然と思うかもしれません。

「危険」と言い切ってしまうのは、ちょっと言い過ぎかもしれません。危険と表現する範囲は、かなり広いです。

ここで言っている「危険なドッグフード」というのは、たとえば、麻薬のようなものが入っているわけでもありませんし、犬が中毒症状を起こすような物質や食材が入っているわけでもありません。その辺りは最初に、ご理解ください。

お肉の値段

ここで少々考えていただきたいのが、私たちがいつも食べているお肉の値段です。牛肉、豚肉、鶏肉あたりがよく食べるメインのお肉かと思いますが、どんなに安いお肉でも、100グラム80円ぐらいはします。牛肉に至っては、100グラム200円ぐらいはします。

では、ちょっとペットショップに行って、ドッグフードを見てみてください。10キロ1000円程度のドッグフードが販売されていると思います。

ドッグフードには当然、肉以外のものも含まれておりますが、そうは言っても、犬はもともと肉食動物ですから、ドッグフードの主原料は肉です。とすると、人間が食べている肉の値段を考えると、10キロ1000円程度のドッグフードって、何か疑問を抱きませんか?

10キロ1000円のドッグフードを100グラム換算で考えると、10円になってしまいます。売値でその値段ですから、その原材料費を考えると、「本当に肉が主原料なの?」と疑問を抱くのが普通かと思います。

では、何が入っているのでしょう?

売値ベースで考えても、100グラム10円の主原料が肉の食べ物なんて、これが人間の食べ物だったら、貴方は買いますか?普通の感覚でしたら、怖くて手を出せないと思います。

安価なドッグフードであっても、確かに肉が主原料で使われてはいますが、それは私たちが食べるような肉とは全く違うものを使用しています。

実は、4Dと呼ばれる肉が使われており、これは、死んだ動物や、病気の動物、障害のある動物の肉などの事を指します。この肉は、人間の食用としては認められておらず、人間目線から見ると、「処分する肉」です。

それも、牛や豚や鶏などの肉ばかりではありません。殺処分された犬の肉まで使われているのが現状です。

肉以外にも色々入っています

たとえば、合成保存料です。ドッグフードは、常温で長持ちします。これはなぜか?それは当然保存できるように、それ相応の添加物が入っているのです。

人間が口にするものには、厚生労働省による食品衛生法があり、添加物の規制がなされています。でも、ドッグフードにはそれがありませんから、人間の食べるものに入っている食品添加物とは全く違う、かなり危険な添加物も入っているということになります。

更には、肉や合成保存料以外にも色々なものが含まれているドッグフードですが、ここまで書けばお分かりいただける通り、どの含有物も「安全か?」と聞かれれば、胸を張って「安全」とは言い切れないドッグフードが世の中には溢れているのが現状なのです。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る