犬に食べさせてはいけない食べ物

人間は食べても大丈夫なものでも、犬は食べると中毒症状や健康状態を崩してしまう食べ物があります。ここでは、それらについて、まとめてみました。

絶対にNGの食べ物

キシリトール…お菓子などに、よく含まれています。中毒症状を引き起こします。

葡萄…中毒症状を引き起こします。レーズンもNGです。

チョコレート…中毒症状を引き起こし、最悪は亡くなってしまいます。

はちみつ…ポツリヌス菌に反応する恐れがあります。

海生軟体動物…蛸・烏賊などです。ビタミンB1の破壊物質を持っています。消化不良にもなりやすいです。

スルメ…消化器官につまりやすいです。

こんにゃく・たけのこ・きのこ…消化が悪いです。

カフェイン…日本茶・コーヒー・紅茶などに含まれています。中枢神経興奮作用があり、人間以上に反応しますので危険です。

ナッツ類…ピーナッツ・マカダミアンナッツなどです。中毒症状を引き起こします。

…生梅・梅干です。下痢や嘔吐の症状が出るほか、種が消化器官に詰まってしまいがちです。

ネギ類…たまねぎ・長ネギ・にんにく・しょうが・ニラなどです。中毒症状を起こします。同様に、コンソメにもネギ類が入っていますので、味付けに使ってはいけません。

香辛料&調味料…わさび・とうがらし・だしの素などです。刺激物や過多の塩分は禁物です。

ジャガイモ…特に芽の部分が危険です。これは、人間と同じです。

アルコール…消化器系の異常、ひどいと意識障害や呼吸障害を引き起こします。

気をつけたほうが良い食べ物

…牛肉は、生は厳禁。必ず加熱調理を行います。レバー、豚肉、鶏肉なども同様です。また鶏肉は、骨が危険なので、慎重に取り除く必要があります。

魚類…魚によりますが、チアミン分解酵素を含んでいるケースがあるので、加熱して与えましょう。また青魚は、アレルギーなどの原因となるケースがあるので、避けたほうが無難です。骨にも注意が必要です。

貝類・甲殻類…全体的に、生は消化が悪いので厳禁。必ず火を通しましょう。

なす・アスパラガス・ピーマン・トマト・じゃがいも…含まれるアルカロイドに毒性があるので、大量摂取は厳禁。

果物類…苺・桃・バナナ・キウイは、アレルギーに反応する可能性が高い果物ですので、あげる時は、注意が必要です。また、種は消化器官に詰まらせる原因となりますので、与えないでください。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る