子犬・成犬・老犬の食事の違い

犬も人間と同じように、年齢によって、食べ方や食事の内容が異なります。

子犬の食事

新生子期から生後1ヶ月まで
産まれてからの1ヶ月は、母乳または犬用代用乳で育てます。特に、新生子期と呼ばれる生後~2週齢までは、母乳で育てられるのが理想的です。

生後1ヶ月
母乳や犬用代用乳と併用しながら、少しずつ離乳食をスタートします。子犬用のドッグフードを犬用代用乳でふやかしたり、市販されている離乳食を少しずつ与えていきます。

生後2ヶ月
人間の離乳食同様、だんだんと硬い離乳食にしていきます。離乳食から、子犬用の食事に慣れさせるように移行していく時期です。生後4ヶ月までには、普通の食事を食べられるようにしていきます。

生後4ヶ月
子犬用フードを食べます。この時期は成長著しい時期ですので、栄養面が重要視されます。

生後6ヶ月
食べムラなどがなくなり、食べる量が安定してきます。4ヶ月の頃よりは、量を減らしていきましょう。

生後8ヶ月
子犬用フードから、成犬用フードへの移行期です。離乳食がそうだったのと同様に、急に成犬用フードに変えるのではなく、子犬用フードに成犬用フードを少しづつ混ぜて慣らしていきます。ゴールは、1歳を目安にしましょう。

成犬の食事

1歳になった段階で、成犬用フードへの切り替えが完了しているのが目安です。ここからは、成犬用フードを決められた量、1日2回与えます。

栄養バランスを意識し、犬の体に良いフードを与えましょう。またずっと同じフードばかりでは、人間同様飽きてしまいますから、時折、フードを変えるのもおすすめです。

老犬の食事

7歳を目安に、老犬用のフードへ切り替えていきます。

これは年齢的なものから、若い頃よりも運動量が減るため、高蛋白でありながら、低脂肪・低カロリーの食事にしなければいけないこと。

そして消化器官の機能低下による、消化不良を避けるために、消化の良い食事にシフトしていかなければいけないという理由です。

多頭飼いなど、他の犬との兼ね合いで、どうしても老犬用のフードへ切り替えが困難な場合は、成犬用フードにスープを混ぜて柔らかくし、量を減らして与えるようにしてください。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る