ダイエット方法

肥満は、色々な病気の引き金になりますし、足腰にも必要ない負荷を与えてしまいます。

本来は、太らないように努力するのがベストなのですが、既に太ってしまっている場合は、ダイエットを決行しましょう。

まずは太ってしまった原因を探る

愛犬がなぜ肥満になってしまったのか?それには何らかの理由があるはずです。この理由を、突き止めることこそが、ダイエットの第一歩です。

一番多い肥満の原因は、カロリーオーバーおよび運動不足です。このいずれかだけでも太りますが、この二つの原因が重なっていると、更に太ってしまいます。

次に考えられるのが、疾患によるものと、避妊や去勢の手術の影響によるものがあります。

この場合は、ダイエットと言うよりも、基礎疾患をきちんと治す、避妊や去勢をした場合は、低カロリーのフードに切り替えるといった方法で、体重を落としていきます。

ダイエットを決行!

まず、カロリーオーバーが原因の場合、カロリーの低い食事を心がけるようにしましょう。食べる量を減らしてしまうと、満足感が得られず、ワンちゃんにストレスを与えてしまいますので、量は今までと同じ量で、与える食材のカロリーをコントロールします。

おやつを日常的に与えている方は、まずその行為を見直します。おやつは低カロリーかつ、老化防止にもなるようなものを与えると良いでしょう。

また、しつけのご褒美としてあげる分には問題ありませんが、それ以外であげているのであれば、あげるのをやめましょう。

カロリーを減らした事で、すぐにお腹が空いてしまうワンちゃんは、ダイエット期間中、1回の量を減らし、その代わり食事回数を増やして、TOATLでカロリーコントロールをしていくように工夫しましょう。

運動不足が原因の場合は、散歩の量を見直しましょう。もし毎日、散歩に行っていない場合は、それが肥満の要因として考えられます。毎日犬種に合った、適切な散歩量をキープしましょう。

散歩だけでなく、玩具などを有効に使って遊びながら自然と運動をする方法も、忙しい方には室内でも可能なのでおすすめです。

可能であれば毎日体重を量り、お腹周りも一週間に一度計測し、それを記録しましょう。結果が見えれば、飼い主も頑張れるはずです。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る