ノミ対策

あなたの大切な愛犬。ノミの被害から、飼い主が守ってあげましょう。

清潔第一

ノミは世の中に数えきれないほど存在しています。ワンちゃん自身に、どれだけノミ対策やノミ退治を行っても、ワンちゃんの生活スペースである自宅に、ノミが生息してしまっていては、すぐにノミが寄生してしまいます。

そこでまずは、ワンちゃんの生活環境を、清潔に保ちましょう。毎日、掃除機を使って清掃します。掃除機のゴミパックは殺ダニ用というものを使い、頻繁に処分するようにします。

もし既にノミが生息している環境でしたら、バルサンなどを使って退治します。バルサンは、成虫には効果がありますが、卵などには効果がありません。3週間後に、もう一度バルサンを行いましょう。その上で、スチームクリーナーを使用すると、掃除機よりも効果があります。

毛布などのワンちゃん用の寝具は、洗えるものをチョイスして、60度以上のお湯を使って洗濯します。洗濯は、可能な限りなるべく頻繁に行うようにしましょう。また、人間のものと同様、天気の良い日は、日干しをしましょう。

ワンちゃんへの対策

生活環境を清潔にした上で、ワンちゃんのノミ予防を行いましょう。今一番ポピュラーなのは、フロントラインやアドバンテージなどの滴下型の予防駆除薬です。1か月に1度、ワンちゃんの体に滴下するだけという、とても簡単な方法です。

体に100パーセント害がない薬ではないので、病弱なワンちゃんにはあまりお勧めできませんが、健康なワンちゃんであれば獣医師と相談の上、使うのが有効でしょう。

ダーナムカラーなどの、ノミ取り用の首輪もあります。「滴下型が体調的に心配」というワンちゃんにはおすすめです。

そして、ノミ取り用のシャンプーを使って、日々のケアをしていきましょう。ただし、ノミ取り用のシャンプー単体使用だけでは、ノミを予防駆除しきれません。

いずれの対策においても、動物病院で処方されるものを使うのが正解です。ショップで販売されているものなどは、効能が弱いので、効果があまり期待できません。

ノミ対策の時期

「ノミは暖かくなる春先から活動し始めるもので、冬場にはノミはいないから心配ない。」と思っている方も多いようですが、この考えは間違っています。

動物病院の実績を伺いましても、冬場にノミが寄生している状態で来院するワンちゃんはゼロではないとのことです。

そのため、ノミ対策をすべき時期というものは、限定されているものではなく、一年中きちんと対策を行い、愛犬をノミから守る必要があるといえるでしょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る