季節ごとの健康管理注意点

冬になるとインフルエンザが流行ったり、春が近づくと花粉症に悩まされたり…人間も季節によって異なる健康管理が必要なのと同じく、犬も季節によって異なる健康管理が必要になります。

犬の場合、体調不良になっても、その状況を飼い主に言葉で伝える事ができませんから、健康に過ごしてもらうためにも、飼い主が健康管理に配慮していきましょう。

春における注意点

春と聞いて、何よりも先に注意しなければならないのが、ノミやダニの寄生です。ノミやダニは、寒い時期はおとなしいのですが、暖かくなってくると活発に動き出します。

基本的に、ノミ・ダニ予防は1年中行っているべきなのですが、特に、春から夏は要注意です。

次に注意したいのが、寒暖の差です。まだまだ寒い日があったかと思ったら、急に夏日になったりと、日ごとにころころ気温が変わります。

1日の中でも、朝方は冷え込み、日中は暖かいという日が多くなります。特に夜間、冷えないように工夫してあげましょう。

またダブルコートの犬は、春になると換毛期といって、毛が大量に抜け落ちます。放っておくと、皮膚病などになりかねませんので、毎日ブラッシングを行いましょう。

夏における注意点

夏、一番注意したいのが、フィラリア感染です。フィラリアは、蚊を媒体にして、犬の体内で成長する寄生虫なので、蚊が大量発生する夏場は、感染の危険性が高まります。初夏の段階で、フィラリア予防をしてあげましょう。

次に気をつけたいのが、熱中症や脱水症状です。昨今、夏の異常気象が問題となり、暑さがしんどい夏が多くなっていますが、犬にとっても、これによる体への負担は同じです。

こまめに水分補給をし、室内の温度管理をきちんと行いましょう。日中、留守にしてしまう飼い主の方は、特に注意が必要です。

また、暑さでアスファルトは、ものすごい高温になっています。日中の散歩は、ワンちゃんのやけどの原因になりますので、早朝もしくは夕方以降に散歩をするようにしましょう。

夏場は、食中毒にも注意しなければなりません。ワンちゃんの食器など、衛生面を見直しましょう。

秋における注意点

春同様、ダブルコートの犬は、換毛期が訪れます。ブラッシングを念入りに行いましょう。

秋と言えば、食欲の秋!ワンちゃんも食欲が増す時期です。食べる量に注意し、運動も欠かさず行うようにしましょう。

徐々に寒さが増してくる時期です。気温差にも注意し、温度管理を徹底しましょう。

冬における注意点

乾燥がひどくなる季節です。皮膚病やウイルス感染症にならないように、湿度調整を行いましょう。

寒さが厳しくなってきます。温度管理をきちんと行いませんと、子犬や老犬には厳しい季節です。部屋の温度はもちろん、散歩時の防寒も考えてあげましょう。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 爪と肉球の役割

    犬の爪と肉球には重要な役割があります。爪は蹴り出すときに…

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る